韓国でブロックチェーンを活用した「企画評価システム」を導入

韓国でブロックチェーンを活用した「企画評価システム」を導入

韓国のソウル特別市南西部にある区「永登浦区」が、行政手続きの「公平性」と「整合性」を向上させるため、ブロックチェーンに基づく「企画評価システム」を構築したことを19日、韓国政府により発表されました。

永登浦区は、ブロックチェーン技術に基づいて「企画評価システム」の運用およびシステム構築を行い、ブロックチェーンのような新しい技術を使用することで、効率的な行政を提供し、行政を活性化を測ることを目的としています。

今回の行政手続きにブロックチェーン技術を採用することで、「リアルタイムでの結果表示」「企画審査会議の開催」「交渉結果の発表」など、政府が既存で使用している業務プロセスを改善することができます。

報道発表によれば、評価委員会がブロックチェーン上でデジタル的に署名する方法や、その結果を永登浦区庁のホームページにリアルタイムで表示する方法が説明されました。

永登浦区長のチャイ・ヒョンイル氏は今回の報道発表で次のようにコメントをしています。

「第4次産業革命の技術”ブロックチェーン”を利用していき、区の”信頼性”と”整合性”がより向上していくことを期待している」

先週には、韓国の規制当局が、韓国国内の政府および企業や団体が、ブロックチェーン事業に容易に参入できるように、ブロックチェーンに関する法整備を進めていくと発表しています。韓国政府も国内のブロックチェーン産業に新たな産業分類を確立できる基準を計画し、この基準は7月末までに公開になるとのことです。

運営の見解

運営の堀口
改ざんができない暗号技術を使用して、評価システムを作るのはとても素晴らしいことだと思います。
エストニアなどは、インターネット化がかなり進んでいるので多くの物を取り入れていますが、世界的な流れでそうなっていくと思います。基本的に、人が介入しないと成り立たない仕事以外は全てなくなるかと思います。ブロックチェーンの方が正確ですからね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。