仮想通貨市場の訴訟問題は増加の一途をたどる

仮想通貨市場の訴訟問題は増加の一途をたどる

仮想通貨市場が発展し、成長するにつれて仮想通貨に対する証券訴訟が増加しています。証券訴訟に関しては今年に入って10件以上の仮想通貨証券訴訟が提訴されています。

現在、仮想通貨市場には世界共通での規制や取り決めなどのルールが定まっておらず、各国の規制も国によって様々な状態が続いています。

最近では、仮想通貨のユーザーや投資家への保護に関する数多くの疑問や問題が浮上しています。

現在までに提出された訴訟は今年に入ってからの大幅な価格の下落に比例しており、今後も価格の下落が続く状態であれば来年も訴訟が増加する可能性が高いと言います。

最近では6月14日に米サンフランシスコで開催された「Yahoo All Markets Summit:Crypto」カンファレンスで、米証券取引委員会(SEC)の関係者がBitcoin(ビットコイン)とEthreum(イーサリアム)は有価証券ではないと発表し、仮想通貨の大きな疑問が解決し始めています。

仮想通貨市場のユーザーや投資家の参入に対して各国の規制が追いついておらず、投資家自身が詐欺的なICOや、細心注意を払い通貨情報を見極める必要がありそうです。

運営の見解

運営の椎木
仮想通貨に関する訴訟問題が増える中で、投資家保護の訴訟がかなり増えております。

投機家熱が時間とともに増える中、投資家保護の規制は増えていく方向にあります。

その中で、新しいイノベーションが起こりくい規制はなるべく下げて欲しいのですね。

最近よく目にするのが証券なのではないかという訴訟です。

これが、どうなるかによって今の利権との絡みでまた大きく動きがあることは間違い無いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。