仮想通貨取引所クラーケン、オーストラリの仮想通貨プラットフォームを買収

仮想通貨取引所クラーケン、オーストラリの仮想通貨プラットフォームを買収

仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)は15日、オーストラリアの仮想通貨・ブロックチェーンプラットフォームであるビットトレード(Bit Trade)を買収したと公式発表した。今回の買収に関する詳細な金額は明らかになっていない。

2013年に設立されたビットトレードは、クレジットカードやデビットカードなどの入金方法を選択し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などの主要なコインをオーストラリアドルで売買することが可能である。

クラーケンによると、この買収によりオーストラリアで最高の仮想通貨サービスに注力し、AUDの最高の流動性、取引経験、および機関顧客と小売顧客の両方をサポートすることが可能になるという。また買収の一環として、ビットトレードのJonathon Miller氏が、クラーケンのマネージングディレクターとなる。

  • 複数の取引プラットフォームを単一のインターフェースに組み合わせて、クライアントに最適な価格と実行を保証するマルチエクスチェンジアグリゲーター
  • オーストラリア最大のOTCデスクの1つ。ここでは、クライアントは市場を移動せずに大量に取引できます。 (KrakenのOTCサービスに関してご質問がある場合は、24時間年中無休でotc@kraken.comにご連絡ください)

クラーケンが昨年12月、仮想通貨決済企業サークルのOTC(店頭)部門の「サークルトレード」を買収。発表では、「仮想通貨で最も有名なOTCデスクを購入した」と述べており、クラーケンの市場規模を拡大している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。