ロビンフッドCEO、GameStop騒動で意図せずDeFiを主張

GameStop騒動の解決策はDeFiに似ている

ロビンフッド(Robinhood)のVlad Tenev(ウラジミール・テネフ)創設者兼CEO(最高経営責任者)は、リアルタイム決済がキャッシュフローの問題を解決できると考えているが、テネフ氏の考えは、ブロックチェーンベースのDeFi(分散型金融)に酷似しており、意図していないところでDeFiを主張する結果につながった。

ロビンフッドは先週、キャッシュフローの問題を理由に、Redditを使用するデイトレーダーが取引量を増やし、価格が過去最高を記録。そのため、ユーザーがGameStopやAMCなどの人気株を購入するのを一時的に停止せざる得ない状況にまで発展した。この件に関してロビンフッドのテネフCEOは、消費者に、彼が停止について同じように動揺していることを知ってもらいたいと考えている。同氏は、本日のブログ投稿「即時グロス決済の時期(It’s Time for Real-Time Settlement)」の中で、証券取引をほぼ瞬時に決済できるようにする業界規制の変更を提案。DeFiやブロックチェーンテクノロジーについては言及していないものの、まさにそのようなテクノロジーが可能にしていることに触れており、次のように述べている。

世界がこれまでに見た中で、最大の金融システムがリアルタイムで取引を決済できない理由はありません。

証券情報センターシステムに欠陥を見つけおり、クリアリングハウス(Clearinghouse)は、買い手と売り手を照合し、支払いを回収し、取引を完了する仲介者です。証券取引委員会と民間のDepositoryTrust and Clearing Corporationが監督する現在のシステムでは、2日間の決済期間が必要だとしたうえで次のように語っている。

投資家は取引が清算されるのを待つままであり、清算ブローカーは、取引の最終日になるまで、独自の現金をロックしている。クリアリングハウスの預金要件はリスクを軽減するように設計されていますが、先週の市場活動は、これらの要件が不必要に長い決済サイクルと相まって、新しい意図しないリスクと結果をもたらす可能性があることを示しました。


DeFiは取引をすぐに解決

従来の金融決済とは対照的に、ブロックチェーンベースの分散型金融アプリケーションは取引を仲介し、DeFiプラットフォームでの取引はすぐに解決できる。

ロビンフッドは先週、合計34億ドルの複数の現金注入を必要としていたが、これは、業績が悪かったことが理由ではなく、すべての取引をカバーするのに十分な資金がなかったためであり、銀行から資金を借りて、必要な現金を調達している。

それでも、マキシン・ウォーター(Maxine Water)会長やアレクサンドリア・オカシオ・コルテス(Alexandria Ocasio-Cortez)氏を含むハウス・ファイナンシャル・サービス委員会(House Financial Services Committee)のメンバーが、ロビンフッドの取引停止の調査を求めるのは止めていない。これに対しテネフ氏は、みんなが集まってそれを解決してほしいとしたうえで次のように語っている。

業界、議会、規制当局、その他の利害関係者が協力し、米国株式の即時決済に移行するための知的資本とエンジニアリングリソースを展開する必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。