Binanceシンガポールが規制当局への許可申請の取り下げをほのめかす

Binanceシンガポールが規制当局への申請取り下げか

Binanceシンガポールは、シンガポールで仮想通貨サービスを合法的に提供するための規制当局への順番待ちリストに名乗りを挙げているが、許可申請を取り下げることをほのめかし、他の地域でのビジネスの拡大に進む可能性が浮上した。

Business Times Singaporeの報道によると、Binanceは、オペレーションの許可を求めることを長年停止する代わりに、MAS(Monetary Authority of Singapore=シンガポール金融管理局)への申請を取り下げることをほのめかしたという。さらに、撤退は、同国の規制当局がスタンスの変更を検討するかどうかに依存しており、Binanceは2022年までに最終決定を宣言する予定とのこと。

Binance CEOがリスク削減と経済成長戦略を共有

Binanceのジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)CEO(最高経営責任者)は、シンガポールでの仮想通貨取引所のローカルユニットライセンス申請の状況についてコメントすることを拒否している。

ただし、Binanceは仮想通貨を使用している国にのみ取引所を設立することを強調した。規制当局にやさしく、より集中化するという同取引所の最近の決定にもかかわらず、Binanceは不合理な規制制限に完全に屈服することを信じていない。同CEOは、リスク削減は消費者保護に不可欠だが、プロクリプト規制当局には、革新的で経済的な成長を可能にしながらリスクを削減する両方の方法があるとして、Business Timesの取材に対して次のように語っている。

(規制当局が)その指標のみを採用している場合、すべてをシャットダウンするだけです。それがリスク軽減の最も良い方法です。しかし、優れた規制当局には2つの指標があり、イノベーションや経済成長を促進し、リスクを軽減したいと考えています。規制当局は通常、これらの両方の指標を見ると、はるかにビジネスに適したルールを作成します。

シンガポール当局は、規制監視を維持しながら、仮想通貨を使用するアプローチを採用している。しかし、同国はまだ大手仮想通貨取引所のアプリケーションを通過させて、合法的にサービスを提供できるようにしている。当局は、2020年に許可を申請した企業の半数以上がすでに承認を受けていることを明らかにしたほか、一部はまだ免税で運営されており、当局による承認を待っている事を明らかにした。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。