仮想通貨取引所FTX、CircleのUSDCでACHサポートを導入

ACHで仮想通貨に即時リンクするFTX Exchange

スポット証拠金取引やFTTステーキングなどが注目されているサム・バンクマン・フライド(Sam Bankman-Fried)最高経営責任者(CEO)兼創設者率いる仮想通貨取引所FTXが、ブロックチェーン決済会社のCircle(サークル)と提携し、ACH(Automated Clearing House=自動資金決済機関)の即時決済をサポートしたことが分かった。

FTX取引所は、プラットフォーム上のトレーダーがUSDCステーブルコインを使用し、米国全体でほぼ瞬時に銀行振込を実行できるようになったと発表。仮想通貨取引に既存銀行振込を使用することは、ユーザーエクスペリエンスの中で最も苦痛な側面と見なされているが、仮想通貨取引所FTXとCircleの提携で米国ユーザーはこれらエクスペリエンスが解消される可能性がある。

FTXとブロックチェーン会社Circleとのパートナーシップは、Circleが発行した米ドルに固定されたステーブルコインであるUSDコイン(USD Coin/USDC)を使用したACHの支払いをサポートする。ACHは、米国の複数の銀行にまたがる大量クレジットおよびデビットトランザクションをバッチ処理(※1)する金融ネットワークだ。
(※1)バッチ(Batch)処理とは、ひと束、一群、1回にまとめるという意味が込められており、あらかじめ登録されている一連処理を自動的に実行する処理方式を指す。

Circleによると、API(アプリケーションプログラミングインターフェース)によって開発者は、カードや電信送金などの支払い方法をUSDCに接続でき、仮想通貨ユーザーは従来の銀行にシームレスにアクセスできるという。なお、仮想通貨取引所FTXのUSDC-ACH支払いサポートは、EthereumおよびSolanaブロックチェーンで利用できるとのことだ。

Plaidとの協力がKYCに役立つ

CircleとFTXは、金融データ転送ネットワークPlaidとも協力し、顧客アカウントの検証を可能にした。Plaidは、顧客がインスタントKYC(Know Your Customer=本人確認義務)を介し、銀行に直接接続してACH支払いを行うのに役立つ。プレスリリースによると、PlaidはCircleまたはその顧客と顧客の詳細を共有しないという。RaceCapitalのゼネラルパートナーで仮想通貨取引所FTXの投資家であるクリス・マッキャン(Chris McCann)氏は次のように述べている。

このサービスは仮想通貨とフィンテックの出会いの完璧な例です。フィンテックと仮想通貨を組み合わせると、従来の銀行口座から仮想通貨への同日ACH転送を即座に行うことができます。

このサービスにより、FTXの顧客は、標準ACHトランザクションを何日も待たずに、銀行振込を簡単に行い、仮想取引、DeFi、またはその他のユースケースのためにUSDCに変換できる。NEXTMONEYの特集記事「米・通貨監督庁、政府規制銀行にステーブルコインの使用を許可」で報じたように、今月5日OCC(米国通貨監督庁)は最近、銀行機関がステーブルコインの使用を許可し、他の決済ネットワークと同じようにパブリックブロックチェーンと見なした。

米・通貨監督庁、政府規制銀行にステーブルコインの使用を許可

2021.01.05

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。