スウェーデン当局が仮想通貨マイニングエネルギー問題について警告

スウェーデンの金融監督庁が公開書簡で警告

スウェーデンの金融監督局は、欧州連合に公開書簡を発行し、仮想通貨マイニングのエネルギー問題について警告した事が分かった。

規制当局の指摘によると、仮想通貨マイニングは大量のCO2(二酸化炭素)排出を生み出すという。スウェーデン金融監督局の局長であるエリック・テディーン(Erik Thedéen)氏とスウェーデン環境保護庁の局長であるビョルン・ライジンガー(Björn Risinger)氏によって送付された書簡は、仮想通貨マイニングのいくつかの側面が非常に問題があることを強調。さらに、両当局は、仮想通貨マイニングの社会的利益について書簡の中で質問をしており、時価総額で世界の上位2つの仮想通貨資産であるビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)の例を示している。ケンブリッジ大学とデジコノミストの推定によると、BTCとETHは1年間でスウェーデン全体のほぼ2倍の電力を使用しているとのことで、書簡の中で次のように語っている。

デジコノミストは、現在の市場価値での仮想通貨は、年間最大1億2000万トンのCO2を大気中に放出すると推定しています。この数値をよりよく理解するために、長距離飛行からの排出量と比較することができます。ICAO Carbon Emissions Calculatorからの航空業界独自のデータを使用し、高高度効果を追加すると、今日の2つの最大の仮想通貨資産からの排出量はスウェーデンとタイ間の1億往復のフライトに等しいことがわかります。


消費電力を含む複数の深刻な問題

所管の中で概説された詳細によると、多くの仮想通貨マイニング企業は、中国でのデジタル通貨のマイニングが禁止されて以降、ここ数カ月でスウェーデンに拠点を移動している。

経典のとともに、スウェーデンではビットコインマイニングの電力消費量の急増を含むいくつかの深刻な問題に直面している。そのため、この問題に対抗するためにスウェーデンの規制当局はいくつかの重要な政策変更の概要を次のように説明した。

2021年4月から8月の間に、スウェーデンのビットコインマイニングの電力消費量は数百パーセント増加し、現在では年間1TWhに達しています。スウェーデンや他の国々は、エネルギーを大量に消費するビットコインの生産に税金を導入する可能性があります。別のオプションは、仮想通貨資産に関連する気候問題についてより広くコミュニケーションすることです。これにより、生産者と投資家の両方が、より少ないエネルギーを必要とする採掘方法への移行を要求するようになることを期待しています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。