韓国仮想通貨取引所BithumbがKYC要件を満たせない外国人をブロックか

BithumbがKYC要件を満たせない外国人をブロックへ

韓国の地元メディアの報道によると、韓国の人気取引所Bithumb(ビッサム)の海外ユーザーは、取引所を利用するためにKYC(Know Your Customer=本人確認)検証を受ける必要があり、要件を満たせない外国人ユーザーについて、ブロックする方向で調整している事が新たに判明した。

地元メディアでは、これらのKYC要件の強化について今年中に発効すると予想されており、Bithumb側は次のように述べている。

今年中に発効する可能性のある必須の身分証明書確認規則は、韓国に居住する外国人に適用され、正確な発効日は後で発表されます。


規制当局はより適切な規制強化のための新部署設立

Bithumbによる通知は、スマートフォンでKYC確認を受けていない外国人ユーザーの利用を事実上禁止しており、マネーロンダリング(資金洗浄)防止規則を強化するという国の取り組みを裏付けている。

韓国FSC(Financial Services Commission Korea=韓国金融委員会)は最近、疑わしい金融活動と取引の監視強化と、仮想通貨オペレーターライセンスの延長を決定する「仮想通貨監視局」を設立。仮想通貨精査の増加は、韓国で採用が増加しているデジタル通貨をより適切に規制しようとした結果で、FSC関係者は、新しく作成された仮想通貨監視局について次のようにコメントしている。

KFIU内に人員を増やして独立した支局を設立するというFSCの決定は、仮想通貨関連の財務活動をチェックおよび監視し、潜在的なマネーロンダリングを防止することを目的としています。


規制強化に対応して生き残りをかけるBithumb

一方、Korea Timesが報じたように、Bithumbは最近、内部および外部の検査および調査活動を含む取引所の内部統制システムを強化することを目的として、新しいコンプライアンス監視責任者を任命しており、同取引所の関係者は次のように述べている。

Bithumbは、マネーロンダリング防止システムを確立し、金融業界に匹敵する内部統制システムを強化することにより、仮想資産業界の透明性と信頼性を引き続き強化していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。