カザフスタンはビットコインマイニング移民維持のために原子力発電所を建設か

カザフスタンが原子力発電所建設を提案

カザフスタンのカシム・ジョマルト・トカエフ(Kassym Jomart Tokayev)大統領は、ビットコインマイニング移民に追いつくため、原子力発電所の建設を提案した、と日経アジア報じていることが分かった。

Reuters「Crypto boom strains Kazakh energy grid(日本語訳:暗号ブームはカザフのエネルギーグリッドに負担をかける)」より画像引用

※動画は全編英語で放映されており、日本語訳が必要な場合hあ、画面右下に表示されているメニューの中から「字幕」アイコンをクリックし、次に「設定」アイコンをクリックして表示されたメニューの中から、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」に順に設定することで、大まかな日本語訳が表示されます。

2021年11月19日(金曜日)トカエフ大統領は、国内最大の都市であるアトラで開催された会議の場で銀行家に対して次のように語った。

将来を見据えて、私たちは原子力発電所の建設について不人気な決定を下さなければならないでしょう。


原子力廃止国であったカザフスタン

カザフスタンでは、国内唯一の原子力発電所が1999年に閉鎖されており、20年以上、原子力発電所を保有していない。

ウラン主要生産国(世界の2020年の供給量の41%)としての地位を誇るカザフスタンだが、カザフスタン保健当局は、1949年から1963年の間に110回の検査で150万人の市民が放射性降下物にさらされたと推定。これら、ソビエト連邦政府時代の何年にもわたる核実験の影響から、カザフスタン国民は依然として不安を抱いている。

しかし、1,200メガワット相当の新たな需要は、隣接する中国からのビットコインマイニング業者の流入結果であると考えられており、かつてはエネルギーが豊富だった国全体でいくつかの停電が発生した。

カザフスタンは主要ビットコインマイニングホットスポット

2021年初めに中国から追放されたビットコインマイニング業者を受け入れた後、カザフスタンのハッシュレートは4倍以上になり、8月の時点で世界で2番目に大きいビットコインマイナーと評価された。

Cambridge Bitcoin Electricity Consumption IndexのIPデータによると、カザフスタンは、世界のビットコインマイニング力の35%以上を支配している米国を追い、ビットコインマイニングの流入を促進するために、同国のエネルギー供給に対する需要は、通常の年間成長率の約8倍に増加した。10月には、国内最大の石炭火力発電所(Ekibastuz-1)が3つのうちの1つでオフラインになり、カザフスタン電力グリッド運営会社(KEOC)は、ビットコインマイニング業者の停止を部分的に非難する事態に陥った。

今から約1カ月前、KEOCは一部のデータセンターへの電力を制限しており、北部の発電所から遠く離れた南部の一部のマイニング業者を完全に遮断した。11月初めの記者会見で、カザフスタンのエネルギー副大臣、ムラト・ズレベコフ(Murat Zhurebekov)氏は、ギャップを埋めるためにロシアが生産した電力に頼らざるを得ないと述べた。

カザフスタンはすでに核燃料を生産

2021年11月10日(水曜日)、国営原子力会社Kazatomprom(カザトムプロム)は、ウラン燃料棒を製造する新工場を正式に開設。ただし、予想される200トンに上る核燃料は、中国の発電所を対象としている。

先にも述べたように、国民の感情は不安にもかかわらず、トカエフ大統領は核の解決に力を注いでおり、同大統領は今から2年前にこの問題に関する国民投票を提案。9月に開催されたロシアのビジネスフォーラムでトカエフ大統領は次のように語っている。

カザフスタンには原子力発電所が必要なので、私自身、この問題を実質的に検討する時が来たと思います。

なお、同フォーラムの演説でトカエフ大統領は、カザフスタンの核恐怖症に対して「不適切」と表現している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。