CoinShares:ビットコインに過去最高64億ドルの機関投資家の資金流入

ビットコインに過去最高64億ドルの機関投資家の資金流入

1年の残り7週間を切ったが、すべての仮想通貨への2021年の流入はすでに2020年を22億ドル(約2,481億円)上回っていることが分かった。

CoinShares「Volume 54: Digital Asset Fund Flows Weekly」より画像引用

CoinSharesの最新レポート「Volume 54: Digital Asset Fund Flows Weekly(日本語訳:第54巻:毎週のデジタル資産ファンドフロー)」によると、2021年には、2020年全体よりも多くの機関投資家がデジタル資産に投資しているという。2021年11月5日(金曜日)時点で、仮想通貨マネージャー間のデジタル資産流入の現在の集計は、12週間連続の成長の後に89億ドル(約1兆35億円)を超えた。2021年は残り7週間で、2020年の総投資額をすでに22億ドル上回っている。同レポートは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)が年初来流入量の3分の2を占めており、過去最高の64億ドルにも達していると述べている。イーサリアム(Ethereum/ETH)は、少し後れた後、年初来で10億ドル(約1,127億円)強を占めており、現在、流入の4分の1を占めている。CoinSharesのアナリストであるジェームズ・バターフィル(James Butterfill)氏は次のように語っている。

イーサリアムは先週、総額3,100万ドル(約35億円)の流入で新たな前向きな感情を見ました。イーサリアムの市場シェアは、ビットコインの優位性のためにここ数カ月で苦しんでいます。

データとトークンが異なるブロックチェーン間を流れることを可能にするPoS(プルーフオブステーク)相互運用性プロトコルであるポルカドット(Polkadot/DOT)は、過去2週間で時価総額が急増。同レポートによると、DOTコインの流入額は960万ドル(約10億円)で、過去最高を記録している。

CoinShares「Flows by Provider」より画像引用</p

また、同レポートは、個々の資産運用会社への流入も追跡。2021年初めに過去最高の取引量を見た後、CoinShares XBは、2021年に流入が減少。それでも、55億ドルのAUM(Assets under management=資産運用残高)は、CoinSharesが推定する557億ドル(約6兆2,824億円)のAUMであるグレースケール(Grayscale)に次ぐことを意味している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。