イランブロックチェーンアソシエーションが仮想通貨規制法の支援を計画

イランブロックチェーン協会は仮想通貨法の策定を望む

仮想通貨に対する規制は、世界中の国々の間で急速にトレンドになりつつあり、最新の報道で、IBA(イランブロックチェーン協会)が、仮想通貨法を考案する評議会を設立するよう政府に求めていることが分かった。

同協会によると、規制当局は全国のフィンテック分野に法律を施行できず、イラン政府は業界にほぼ注意を払っていないため、組織は規制当局と協力して仮想通貨法を策定したいと考えているという。

規制当局の資格の欠如を非難

IBAのチーフであるアッバス・アシュティアーニ(Abbas Ashtiani)氏は、イラン中央銀行(Central Bank of the Islamic Republic of Iran)および主要銀行、規制当局がこの任務を遂行するための十分な設備を備えていないと指摘。

非政府系地元メディアのFinancial Tribuneの報じた最新ニュースの中で、アシュティアーニ氏は、政府が仮想通貨市場の規制を支援するための民間評議会を設立することを望んでいると述べている。同氏は、政府のトッププレーヤーは、評議会のメンバーとして行動するため、民間および公的機関から個人を選ぶべきであると述べた。仮想通貨を多面的なものとして、同氏は、中央銀行や証券規制当局は、セクターを統治するための規則を策定するために必要な資格を持っていないと批判した。

刑事犯罪を排除するためのルールを設定

イランは以前、仮想通貨マイニング業者に、売却と利益のために資産をマイニングするためのゴーサインを与えてきた。

イランではマイニングを容認する一方で、商品やサービスの支払いとして仮想通貨を使用することは、国内全体で固く禁じられている。また、政府は銀行と規制された両替商にデジタル資産を使用して輸入品の支払いをする自由を付与。国内のマイナーは、使用する電力の支払いをし、輸出価格に基づいて規制機関からライセンスを取得することが期待されている。

イラン国内でマイニング事業許可が与えられたのは30件強で、現在、違法マイニング業者問題に頭を抱えている。過去には、NEXTMONEYの特集記事「テヘラン証券取引所の地下室で違法仮想通貨マイニング機器見つかる|直後にディレクターが辞任」で報じたように、テヘラン証券取引CEO(最高経営責任者)が、証券取引所の地下室が違法マイニングに使用されていることを知った後、辞任した。アシュティアーニ氏は、マイニングに関連する違法問題に対応し、IBAはイラン全体でこれらの問題を処理する方法を知っていると述べた。同氏は、同機関はイランの仮想通貨コミュニティを支援すると同時に、このセクターでの刑事犯罪を排除するためのルールを設定しようとしていると語っている。

テヘラン証券取引所の地下室で違法仮想通貨マイニング機器見つかる|直後にディレクターが辞任

2021.10.01

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。