DeFiNFTプラットフォームIDO、Polkastarterで起動するようにドロップ

Polkastarter で最初のIDOがDeFi機能をNFTに導入するプラットフォーム開始

Polkastarter(ポルカスターター)で最初のIDO(Initial DEX Offering=分散型交換オファリング)は、DeFi(分散型ファイナンス)機能をNFT(非代替トークン)に導入することを目的としたプラットフォームで開始することが分かった

5月11日(火曜日)の発表によると、Polkastarter IDO forDropsは5月21日に公開されるとのこと。DOPトークンの一般公開は、Polkastarterでのみ行われ、以前のIDOと同様に、参加を希望するユーザーのためのホワイトリスト登録プロセスがあるという。トークンは0.60ドル(約65円)で発売され、IDOを通じて合計333,333DOPが合計200,000ドル(約2,187万円)で利用可能になる。1人あたりの最大割り当て額は210ドル(約22,800円)で、購入者はERC-20またはBEP-20ウォレットのいずれかで少なくとも250のPOLSトークンを保持する必要があります。

Polkastarterは、以前のIDOの成功の繰り返しを目指している。4月28日、Binance Smart Chain NFTプラットフォームRefineableのトークンは5分で完売し、前例のない需要のためにプラットフォームが過負荷になっている。

NFT向けDeFiイールドファーミング

Dropsはすでに今月初めに民間投資ラウンドを開催し、Axia8 Ventures、Bitscale Capital、Blocksync、AU21、x21、D64、Genblock、DropsVenturesといった投資家から100万ドル(約1億円)を獲得している。

このプロジェクトは、所有者が「dPoints」を獲得するために独自のNFTを賭けるためのインフラストラクチャーを構築することを目的としている。これらは、Dropsプラットフォームで新しいNFTを取得するために使用できるトークンで、MEMEなどのプラットフォームがすでに提供しているNFTの収穫量農業の試みとのこと。Dropsは、NFT所有者がトークンをデジタルボールトに入れてERC-20トークンに変換。さらに、分散型取引所で取引できるようにする「dNFT」プロトコルにも取り組んでいます。

このプラットフォームは、信頼できないNFTスマートコントラクトローンと利回り農業の基盤を提供し、元のNFTを販売することなく流動性プールを供給するために使用できる。DOPトークンは、Dropsプラットフォームでの主要な支払い手段の1つとして使用され、ガバナンス権を提供することに加えて、保有者はプライベートNFTドロップへのアクセスと、流動性条項に対するステーキング報酬も付与されるとのことだ。