MasterCard、中国の中央銀行と交渉=グローバルな「デジタル人民元」取引をサポートへ

MasterCard が中国人民銀行とデジタル人民元をサポートへ

クレジットカードの国際ブランドであるMastercardが、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行(PBoC)と共同で中国でのデジタル人民元のローカル機能を処理し、グローバル取引の相互運用性を促進して行くことが分かった。また、Mastercardは、ユーザーがデジタル元をシームレスに保存・使用できるようにするプリペイドカードを発行するとのこと。

中国人民銀行は、CBDCデジタル人民元をグローバルに展開する準備が整ったとみられ、地元メディアの報告によると、マスターカードは現在、デジタル人民元の国境を越えた取引を促進するためにPBoCと交渉中とのことだ。Mastercardのアジア太平洋地域のリン・ハイ(Ling Hai)共同社長は、香港を拠点とする出版物についても同じことを確認しており、次のように語っている。

PBoCは、それぞれのデジタル通貨の国境を越えた使用を可能にするため、現在議論を行っている他の多くの中央銀行の1つです。北京が試験運用しているような中央銀行のデジタル通貨は、自国以外で流通し、変換エージェントとして機能するカード決済ネットワークを介して外貨に変換される可能性があります。

伝えられるところによると、Mastercardは、ユーザーが国境を越えた取引を開始する際、デジタル人民元を保存および変換できるプリペイドカードを提供することが計画されている。同社は今年2月20日付の当NEXTMONEYの特集記事「MastercardとIslandPayが提携|バハマでCBDCにリンクしたプリペイドカードを発売」で報じているように、すでに世界初のデジタル通貨であるバハマドルでこの実験を実施している。したがって、香港居住者は現地ドルを人民元に換算し、通貨換算の必要性をさらに減らすことができる。

国境を越えた支払いを確保しながら相互運用性を維持

Mastercardのハイ共同社長は、中央銀行は自国通貨の円滑な機能を確保するという国内問題に焦点を当てることができると述べている。

同社は、支払いが国境を越えて移動する際の相互運用性を保証するとして、ハイ共同社長は次のように付け加えて述べている。

私たちにとって、中央銀行のデジタル通貨をサポートすることは、ネットワークに別の法定通貨を追加することに似ています。フィアット通貨とデジタル通貨の両方のハイブリッド全体での変換は、中央銀行のデジタル通貨に対する商人の受け入れを拡大するための鍵を握る可能性があります。

PBoCは、すでにアジア太平洋地域のいくつかの中央銀行と協力している。CBDCの「ブリッジ」プロジェクトの下で、中国人民銀行はUAE中央銀行およびタイ銀行と協力して、国境を越えた人民元取引を調査しました。

MastercardとIslandPayが提携|バハマでCBDCにリンクしたプリペイドカードを発売

2021.02.20