サッカークラブ「バイエルン」、ブロックチェーン採用のデジタルカードStrykingと提携

サッカークラブ「バイエルン」、ブロックチェーン採用のデジタルカードStrykingと提携

ブロックチェーン技術に基づいたスポーツファン向けのユニークなプラットフォームを構築するStrykingは、ドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界最高クラスの人気とファンを有するクラブ「バイエルミュンヘン」と、協業契約を締結したことを発表した。

この締結によってStrykingは、バイエルミュンヘンに所属するスター選手の、ブロックチェーンデジタルグッズを提供することが可能になる。既に発表では、バイエルンに所属するコウチーニョ選手、レヴァンドフスキー選手、ノイアー選手など、世界を代表するスター選手のデジタルグッズが販売される。

フットボールプラットフォーム「Stryking」とは

ブロックチェーンを基盤としたデジタルサッカープラットフォームを構築するStrykingでは、提携したサッカーチームのデジタルカードを発行し、コレクターとして使用することが可能だ。もちろん、コレクティングだけではなく、トレード機能や希望するフォーメーションを選択して他のユーザーと競い合うことも可能である。

コレクターおよびトレーディングカードゲームのスリルとメカニズムをファンタジースポーツゲームプレイと組み合わせたファンエクスペリエンスプラットフォームです。お気に入りの選手と特別なカードを入手し、希望するフォーメーションを選択し、他のスポーツの専門家と毎日のチャレンジで競います。
プレーヤーが使用するデジタルカードは、ブロックチェーンベースのデジタルグッズおよびトレーディングカードです。個々のカードはすべて、交換不可能なトークン(NFT)です。

サッカーとブロックチェーンの関係性は、Strykingが提供するプラットフォームだけではない。仮想通貨「Chiliz(CHZ)」のプラットフォームとして、プロチームとファンが交流できるブロックチェーン技術を採用したアプリ「ソシオス」が注目を集めている。既に、セリアAのサッカークラブASローマや、同じくセリアAのユベントス、リーガ所属のアトレティコ・マドリードなど、世界有数のサッカークラブとパートナーシップを締結している。

アトレティコ・マドリードがチリーズと連携し、ファントークンを発行

2019.09.09

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。