中国・カーボンニュートラル製作、BTCマイニング業者に圧力をかけ四川省の電力が150%増加

四川電力取引課報告書注地域の電気料金が150%上昇

中国・四川省の中国のマイニング業者は、州当局が電気料金が今年150%上昇する予定であることを明らかにしたため、水力資源にさらに圧力をかける可能性があることが分かった。

NEXTMONEYの特集記事「ビットコインマイニングハッシュレートが急降下し、中国の停電が非難される」新疆ウイグル自治区で大規模な停電を引き起こした炭鉱事故の後、低下したビットコインマイニングは非常に競争が激しい世界である。

マイナーは取得できる最も安い電気料金を得るため、世界各地に散らばっている。なかでも、中国の電気料金は世界中の多くの地域よりはるかに安いことから、ビットコインマイニング業者の大部分が中国に拠点を設けて操業している。そのような環境のなか、かつてはハッシュレートの65%以上が中国にあると推定されていたが、最近約50%にまで低下したことが分かった。

中国政府によるカーボンニュートラル製作で水力発電使用量の増加が予想される

新疆ウイグル自治区での最近のハッシュレートの低下に続き、地域報告書では、四川省で電気を利用している人々が電気料金の増加を目の当たりにするかもしれないと述べられている。金融コラムニストのプリイェーシュ・ガーグ(Priyeshu Garg)氏は、炭素材料を動力源とする四川省の電力は今年150%増加すると述べている。

啓示は、2021年4月10日に増加を明らかにした四川電力取引部門に由来するものの、当局側は、炭鉱の電気料金が上昇し、炭素ベースの電力設備が廃止されるにつれ、水力発電の需要が増加すると予想。中国のカーボンニュートラル政策は、炭素ベースの電力依存を減らすことを目的としているため、非鉱業事業体も水力発電の使用を余儀なくされるという。

ガーグ氏によると、四川省の比較的安価な電気料金は、昨年と比較してすでに16%増加しており、四川電力取引部門の報告書では、ビットコインマイニングだけで2021年中に113億kWhを消費すると推定している。今後梅雨い入ることを考慮すると、より多くのビットコインマイナーが大量に四川に移住すると予想されている。これはすべての水力資源への依存度を高め、他の非鉱業事業体が同種電力をめぐる競争をしている場合、水力発電はそれに続いて価格の上昇を目の当たりにする可能性がある。なお、四川電力取引課は、現在利用可能な水力の量はすでに供給不足であると述べています。

ビットコインマイニングハッシュレートが急降下し、中国の停電が非難される

2021.04.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。