米国・ルイジアナ州、サトシ・ナカモトとビットコインを表彰する決議案可決

サトシとビットコインを認める国家決議

米国・ルイジアナ州で、ビットコインの成功を称賛するとともに、仮想通貨の偽名作成者であるサトシ・ナカモト氏を「経済安全保障への貢献」を称賛する決議を可決したことが分かった。

「ビットコイン仮想通貨業界を称賛する(Commends Bitcoin and the cryptocurrency industry,)」と題されたマーク・ライト(Mark Wright)議員によるルイジアナ州衆議院決議は、下院議長によって登録され、署名された。House Resolution 33(HR 33=決議案ん33)では次のように述べられている。

ビットコインが最初の分散型兆ドル資産になることに成功したことを称賛し、州および地方政府がこの新しいテクノロジーの使用の増加から利益を得るのに役立つ方法を検討することを奨励する。

この決議は、2008年に匿名人物によって、いわばハンドルネームとして使用された“サトシ・ナカモト”氏によって作成されたビットコインのさまざまな属性を説明するために進められている。仮想通貨は“金の準備金として金に取って代わる可能性がある”と述べられており、ビットコインの有限供給を強調し、「完全に分散化」されており、信頼できる第三者を必要とせずに安全な取引を可能にすると記されている。さらに、同決議では、次のように記されている。

ビットコインは企業にとって重要なツールであることが証明されているだけでなく、世界中の市民が通貨の堕落から身を守るための重要なツールであることが証明されています。


ルイジアナ州の決議書にはビットコイン以外にも言及

今回の決議では、ビットコイン以外の別の仮想通貨Moxeyについても言及している。

このMoxeyについて同決議書には、『ルイジアナで発明された独自のデジタルコミュニティ通貨』と説明されており、公式サイトには次のように記されている。

Moxeyはお互いをサポートし、そして最も重要なことに、現金を使わずにお互いの間で売買することができる何千ものビジネスオーナーのコミュニティで、代わりに、彼らは独自のコミュニティ通貨を使用します。

ルイジアナのハウス決議33は結論として次のように述べている。

ルイジアナ州議会の衆議院は、経済安全保障への貢献に対して中本聡を称賛します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。