開発者を魅了するStorj分散型クラウドストレージとは

Storj が分散型ストレージStorjDCSを発表

クラウドストレージプラットフォームであるStorj(ストレージ)DCSは、4月20日(火曜日)に分散型ストレージレイヤーを立ち上げ、それ以来、驚異的な数のサインアップが見られており、高い関心が寄せられている。

同製品は、開発者、DevOpsプロフェッショナル、およびその他のクラウドストレージの顧客がレガシーの集中型プロバイダーから簡単に移行できるように設計されているもので、公式Twitterで次のように語っている。

火曜日にStorjDCSをリリースして以来、分散型クラウドを試すために何千人もの新しい開発者がサインアップしました。StorjDCSについて広めてくれたすべての人に感謝します。まだ試していない場合は、無料でサインアップしてください。使い方がいかに簡単か見てみましょう!



StorjDCSが誕生した背景とは

Storjは、2019年に分散型クラウドストレージであるTardigradeをリリースしている。

チームは、2つの関係に関して混乱があったと主張しています。コミュニティは統一された簡単なストレージエクスペリエンスを要求し、Storj側がTardigrade製品を「StorjDCS」としてStorjブランドでロールバックしたという経緯があり、Storjは次のように語っている。

TardigradeをStorjの傘下に戻し、名前をStorj DCSに変更することで、STORJトークンをネットワーク全体の価値の交換として使用する分散型クラウドストレージという当社の製品をより明確に伝えることができます。


分散型クラウドストレージとは

では、分散型クラウドストレージとは何であるのか。

Storjによると、ユーザー側では、AmazonS3などの従来のクラウドストレージオプションとまったく同じように動作し、異なる点は、ファイルが停止や攻撃に対して脆弱なビッグデータセンターに保存される代わりに、情報は世界中の何千もの分散ノードに保存されている点である。

Storj より画像引用

既存クラウドストレージでは、すべてのデータが1つの大きなデータセンターに存在する。これによって、これらの施設の1つがオフラインになると、ダウンタイムや停止が発生することが良くある。ここで分散型クラウドストレージを使用すると、世界中の何千ものノードで構成される大規模な分散ネットワークがあり、これらのノードはstorjに代わってデータを保存する独立して所有および運営していく。

ノードは、誰かが個人的に所有するハードドライブまたはストレージデバイスで、クライアントのファイルを保存するためにすべてのノードオペレーターに支払いを行い、それらの帯域幅を補償するのだ。

Storjは何を提供するのか

Storjは、開発者向けの製品の作成に重点を置いており、ニーズに合わせて分散ストレージを提供することで、何百もの企業がStorjDCS上にサービスを構築できるようにすることを目指している。

Storjのエグゼクティブチェアマン兼CEOの(Ben Golub)氏は次のように述べている。

開発者はクラウドのシンプルさを気に入っていますが、集中型クラウドストレージプロバイダーのプライバシーとセキュリティの欠点との対立がますます高まっています。分散化やStorj DCSマルチテナントゲートウェイなどの新しいテクノロジーとアプローチにより、開発者はより優れた所有権と制御を実現できます。データを低コストで余分な労力をかけずに作成できるため、より安全でプライベートなアプリケーションを構築できます。

Storj DCSは、エンタープライズSLA(サービスレベル契約)、デフォルトの暗号化、および最大限のプライバシーを実現するエッジベースのアクセス管理を提供する。シンプルで一元化された製品と互換性のあるオンボーディングエクスペリエンスを備えた、一元化されたプロバイダーよりも優れたパフォーマンスを提供する。なお、一元化されたプロバイダーからの移行中に、追加のソフトウェアを実行したり、コードを変更したりする必要はなく、開発者は、既存のAmazon S3互換アプリケーションの数行のコードを変更し、StorjDCSへのデータの保存をすぐに開始できる点が開発者にとっても大きな利点である。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。