ロジャー・バーのBitcoin.com、誤って1億ドルで売りに出されるもすでに削除

Bitcoin.com が売りに出される

ビットコイン関連スタートアップのエンジェル投資家として世界的にも広く知られるロジャー・バー(Roger Ver)氏のBitcoin.comが、1億ドルの価格で誤って売りに出されたことが分かった。

月曜日に、Bitcoin.comは、世界最大のドメインレジストラ・レンタルサーバサービスのドメインレジストラであるGoDaddy(ゴーダディ)で、最低1億ドル で購入できる「プレミアムドメイン」として登場(※1)。これに気付いたバー氏はTwitterでGoDaddyに連絡し、リストをすぐに削除するよう要求した。
(※1)すでにGoDaddy の公式サイト上のBitcoin.com 売却に関する事項は、GoDaddy 切り替わっている。ただし、「何か大きな事が起こる予感がしますね」と表示された後、ページが表示され、サイトには、「bitcoin.comはすでに登録されています。入手できる可能性はまだあります。」との記載がなされている。

バー氏は、コインが危険にさらされているように見せることでビットコインキャッシュ(BitcoinCash)ブランドに損害を与えることを期待し、ソーシャルメディア上の個人がニュースを広める恐れがあると示唆し、Redditで次のように語っている。

ビットコインキャッシュが大いに盛り上がっている日、ジェームソン・ロップ(Jameson Lopp)氏と他のBTCマキシマリストがBitcoin.comが売りに出されているという偽のニュースを広め始めるのは奇妙に思えます。もし本当なら、それは明らかにBCHに大きなダメージを与えるでしょう。たぶん、これはBTCマキシマリストによるもう1つの汚いトリックです。

しかし、このコメントは問題の本質とは異なっているとみられており、現時点では他の説明の可能性が高く、その理由としてBitcoin.comがNamecheapによって所有されていると指摘されている。これは、バー氏がBitcoin.comドメインをリースしていることを意味する。そのため、ドメインの管理を購入者に完全に移すことはできないからだ。

ビットコインキャッシュのブランディング問題

今回のニュースは、ビットコインキャッシュが最近経験した他のブランディングの問題と関連している。

2018年頃Bitcoin.comは、ビットコインキャッシュをビットコイン(Bitcoin/BTC)より格上に宣伝したことで否定的な注目を集めている。@Bitcoin Twitterアカウントも最近変更されており、アカウントの新しい所有者がビットコインキャッシュからビットコイン自体に焦点を移したため、2019年にはさらに論争が発生。バー氏はRedditにて、Twitterアカウントが売却され、同じようにドメインを失うことはないと述べている。しかし、ビットコインキャッシュコミュニティの一部がビットコインキャッシュをビットコインの真の後継者として定義しようとしていることを考えると、将来、さらなるブランドの競合が発生する可能性も十分に考えられる。

バー氏はリストを削除したものの、そもそもリストがどのように、なぜ表示されたのか、なぜ削除されたのか、そしてなぜドメインを提供したのかは明らかにされていない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。