タイ、仮想通貨取引量が588%の記録的な増加

タイで仮想通貨取引量が急増

タイの仮想通貨取引き量が、588%という、記録的な増加を記録した。この驚異的な数字は、タイ国内で仮想通貨資産が人気を博していることを示しており、規制当局は、2020年11月以降に増加している数が記録されていると推定している。

タイ証券取引委員会による統計によると、タイでは仮想通貨新規仮想通貨取引きが非常に増えており、2020年11月以降、同国内市場で仮想通貨の取引量は600%も増加したと述べた。さらに、データは、同国内の仮想通貨の量が11月の約635億円から、現在の量である4,380億円であることを明らかにした。

CoinMarketCapの調べによると、タイでトップの取引所プラットフォームであるBitkubの取引量は、51位で、24時間の取引量は77億円を超えている。特に目立つのがビットコイン(Bitcoin/BTC)で総取引量の14.16%、XRP(リップル/XRP)の総取引量は13.02%と、どちらも24時間での取引量は10億円を超えている。

Bitkub共同創設者は、取引所での取引量が2021年の最初の2カ月の間に40%増加したと述べた。Bitkubは30万人以上の顧客を持つプラットフォームで、同国で仮想通貨を取引する人々の約90%によってアクセスされているとのこと。しかし、ライセンス取得仮想通貨取引所であるにもかかわらず、ピアツーピアトランザクションのボリューム数は少なく、同国内の3月のピアツーピア取引量は950,000ドル(約1億円)から約600,000ドル(約6,600万円)に減少している。

タイの暗号市場へのボリュームスパイクの影響

タイ証券取引委員会によると、新規仮想通貨トレーダーは、仮想通貨市場へアクセスする前に、市場での経験を積む必要がある。

これは、仮想通貨資産の取引のベストプラクティスについて教える新しいトレーダーがアクセスできるようになるトレーニングコースを通じて行われるという。2021年3月、タイ証券取引委員会は、同国内市場の仮想通貨トレーダーが取引を許可されるためには、最低年収32,000ドル(約350万円)が必要であると述べた。

また、同国では分散型金融の人気が高まっている。これは、同国がDeFi取引に関して大量のトラフィックを受信した世界で2番目の国であることが明らかになった調査で分かった実情である。レポートの調査結果はDeFiプラットフォームをサポートする世界で最高の経済の1つであることも明らかにした。

タイでは、今年に入ってから、NEXTMONEYの特集記事「タイSEC、仮想通貨投資家のための厳格な要件を提案する草案を明確化」で報じているように、仮想通貨へ投資するユーザー向けの規制草案を明確化している。また、タイの中央銀行総裁によると、デジタルバーツは2021年までにテストが実施される予定で、この動きにより、タイは中央銀行によって制御および規制されるデジタル通貨を立ち上げるパイオニア経済のトップになるとみられている。

タイSEC、仮想通貨投資家のための厳格な要件を提案する草案を明確化

2021.03.03

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。