厳しい状況に置かれているビットコインは、2018年末までに復活はあるのか!?

先週、ビットコイン価格は今年初めて4,000ドルを下回るなど厳しい状況となった。
ビットコインのみならず、主要アルトコインも例外ではない。

昨年9月以来の低迷を迎えた仮想通貨市場だが、2017年に経験したバブルと同じことが起きるのか、専門家の間で議論の的となっている。

イールドコイン(YLD)の創始者は、この件について大胆な予測を立てている。

ビットコイン価格の低下は、ビットコインキャッシュのハードフォークが直接的原因ではなく、二次的な要因がより広範囲に仮想通貨コミュニティに影響を与えました。
周期的な価格変動は仮想通貨固有のものであり、再び上昇市場となるのは時間の問題です。

現在は、ビットコインやイーサリアムなどの主要コインが下落傾向にある中、多くのトレーダーは、将来性の高い一流トークンを低価格で購入する傾向にあります。

ビットコイン価格が約3000ドルになっているので、潜在的なリターンを求め価格が急速に上昇し始めるのは間違いありません。

このような強気な予測もあるなか、著名なビットコインエコノミストである、Saifedean Ammous博士の見解は間逆なものであった。
CNBCに出演したAmmous博士は次のように語った。

ビットコインは非常に不安定な資産であり、時に大きな価格変動を引き起こします。
2017年9月以来の価格急落となり、資産は3600ドルを下回っています。来週は11%の下落が予想されます。
ビットコインのこのような経験はビットコインのセキュリティモデルのテストとなるでしょう。

仮想通貨市場にとって、悪いニュースは出尽くしたように思えるが、年末に向けてどう動いていくのか見ものである。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。