NFLのアメフトチーム、仮想通貨ライトコインをチームの公式通貨に

NFLのアメフトチーム、仮想通貨ライトコインをチームの公式通貨に

7月11日のプレスリリースによるとアメリカのフットボールチームであるマイアミドルフィンズは、仮想通貨ライトコインをチームの公式暗号通貨に採用したことを発表した。
マイアミドルフィンズとライトコインは暗号支払い処理会社である、Aliant Paymentsと提携し、チームのラッフルチケットの暗号支払いを可能にし収入の半分を慈善団体に寄付したとしている。

伝えられるところによると、ライトコインとビットコインでラッフルチケットを購入することができ、ハードロックスタジアムではスタジオ内のキオスクを通して購入が可能である。ビットコインとライトコインは同様の技術基盤で作れらており、ラッフルの購入に加えて、ドルフィンズのゲーム内のブランディングや広告に利用されるとのこと。

ライトコインの作成者であるLitecoin Foundationの代表取締役であるCharlie Leeはこのパートナーシップについて、「ライトコインや暗号通貨について一般の人々に広めて行く機会にしたい」と答えている。

このような仮想通貨の広まりは他にもあり、CointelegraphによるとポルトガルのスポーツチームであるSL Benficaはチケットと商品の購入に暗号通貨払いを導入している。
クラブは暗号通貨払いの整備のためにUrustと提携しており、ネイティブトークンとイーサリアムでの支払いを可能にしている。

この記事のURLをコピーする