トム・リー氏、「ビットコインの下落要因はパウエルFRB議長のコメントによるものである」

トム・リー氏、「ビットコインの下落要因はパウエルFRB議長のコメントによるものである」

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場のアナリストとして知られ、これまでいくつものビットコインに関する価格予想を行なってきた米国Fundstrat社の創設者であるトム・リー氏は、自身の公式ツイッターにて、ビットコインの下落要因を述べた。

同氏は昨日(11日)のビットコインの短期的な暴落が「ジェローム・パウエルFRB議長のコメントによるものである。」と自身の考えをつぶやいたのだ。

実際にビットコインは昨日以前まで好調に価格を上昇させていたが、そこから反転。わずか24時間で14%近い下落率を記録している。実際にトム・リー氏以外の多くのアナリストも今回の暴落要因として、 ジェローム・パウエルFRB議長が大きく関係していると考えているようだ。

ジェローム・パウエルFRB議長の発言は昨日10日、米国下院金融委員会の「金融政策と経済状況」に関する会議にて、「(深刻な懸念が解消されるまでFacebookのLibraが)先に進むことはできない」と発言。
フェイスブックが発行を計画するLibraについて、米国で最も厳しい金融規制当局が、規制のハードルを高めていることを強くアピールしたとロイター通信が報じたのだ。

フェイスブックの仮想通貨リブラに対して「深刻な懸念」と発言=米FRB議長

2019.07.11

またトム・リー氏は、ビットコインの暴落要因以外に、今後のビットコイン価格について「長期的な時間枠に焦点を当てることが重要です。」と発言。以前から発言している「BTCは約2万ドル(約222万円)が適正価格である」という考えは変わっていないようである。

米国Fundstrat社のトム・リー氏、ビットコインが 25,000ドルに達するには「時間を要する」

2019.01.27

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。