東南アジア初の保険付きビットコインファンドBGBF-Iが正式に発足

東南アジア初の保険付きビットコインファンドが立ち上がる

マレーシアを拠点にするBCMGGenesisが3月8日(月曜日)、東南アジア初の保険付きビットコインファンドであるBCMG Genesis Bitcoin Fund-I(BGBF-I)を正式に発足したことが発表された。

BGBF-Iが正式に発足した背景には、機関投資家や企業投資家からの世界的な関心の高まりに対応するためにこのビットコインのみのファンドが、公募証券保険(POSI)の保険適用範囲と引受を提供し、クライアントの投資にセキュリティレベルを追加するという使命を持って立ち上げられており、基金はマレーシアのラブアンで規制されるとのこと。声明によると、このファンドは、CalfinGlobal仮想通貨取引所が提供するブロックチェーンベースの人工知能(AI)プラットフォームを利用し、顧客が保有する資産のセキュリティを強化することを目的としているとのこと。

ビットコインは今では最も人気のある投資機会として世界的にも認知され始めており、資産および財務管理の一部として主要なデジタル資産を活用する米国の大企業からの関心に支えられている。アジアからも同様の関心がより高まると見越し、BGBF-Iはアジアの認定投資家や大企業へのアクセスを提供するために設立に至っている。ビットコインは急速に新しい資産クラスになり、供給が減少するにつれて、資産の本質的な価値は近年著しく成長しており、SubbuVempatiのファンドマネージャーは次のように語っている。

BGBF-Iは、投資家がデジタル資産業界に触れることができる、安全で保険がかけられ、規制されたプラットフォームです。投資家は、ビットコイン投資の財務、技術、セキュリティの側面に関する専門知識を活用できるだけでなく、デジタル資産を直接処理する際の課題やリスクなしに、安心してこのクラスに参加できます。

なお、このファンドは、マーケットメーカーや流動性プロバイダーとの関わりを通じてデジタルアセット業界に展開されるほか、急成長しているDeFi(分散型ファイナンス)業界にも展開される予定とのこと。

協力者にサポートされるBGBF-I

BGBF-Iは、アジアで強い存在感を示す利害関係者と協力者のエコシステムによってサポートされている。

規制コンプライアンスとプロフェッショナルサービスのダイナミックなベストプラクティスプロバイダーであるAlpha Calibrationによって管理される。また、香港を拠点とする監査会社HLBHodgsonによって監査され、ラブアンに本拠を置くIBHインベストメントバンクがこのファンドのメインアドバイザーを務め、BGBF-Iの主要なファンドアドバイザーとしての役割を果たすとのこと。IBHインベストメントバンクのダト・ハワード・チュー(Dato Howard Choo)ファンドアドバイザー兼マネージングディレクター兼CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

IBHインベストメントバンクは、ブロックチェーンなどのニッチ市場でのウェルスマネジメントに適した立場にあり、BGBF-Iとの戦略的パートナーシップは、企業およびファイナンシャルアドバイザリーに焦点を当てるとともに、アジアの投資銀行業務における競争上の優位性とポジショニングを獲得するという私たちの使命をサポートします。


世界初の完全保険付き仮想通貨取引所が提供するAIが活躍

BGBF-Iは、世界初の完全保険付き仮想通貨取引所CGCX.ioが提供する人工知能(AI)を利用したブロックチェーンベースのプラットフォームを活用する。

同取引所には、サイバー攻撃やハッキングから資産を保護する非常に複雑でユニークなインフラストラクチャーがあり、セキュリティを念頭に、規制対象の銀行との管理下にあるすべての投資サブスクリプション契約を保持することが含まれるとのことだ。同プラットフォームを利用するすべての投資家は、AML(マネーロンダリング防止)およびKYC(Know Your Customer)要件を満たさなければならない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。