美容アプリメーカーMeitu、BTC、ETHで4000万ドルを購入

中国美容アプリメーカーMeitu が仮想通貨保有を発表

香港に上場している中国の写真レタッチアプリMeituが4,000万ドル、約44億円相当のBTCとETHを購入したと発表したことが分かった。

香港に上場している中国の写真レタッチアプリであるMeituは、4000万ドル相当のビットコインとイーサリアムを購入したと発表。同社は日曜日の香港証券取引所での開示で、金曜日に公開市場取引で15,000ユニットのETHと379.12ユニットのBTCをそれぞれ平均2,210万ドルと1,790万ドルで購入したと述べたほか、公式リリースで次のように語っている。

これらの購入は、取締役会によって以前に承認された仮想通貨投資計画に従って行われ、その下で、グループは、残りの収入以外の既存の現金準備金によって賄われた、最大1億米ドル相当の仮想通貨の純購入を行うことができます。

2008年に設立されたMeituは、中国で最も人気のあるモバイルアプリの1つだ。時価総額は117億香港ドル、約1,635億円の巨大企業で、月間アクティブユーザー数は約3億件である。Meituのツァイ・ウェンシェン(Cai Wensheng)会長兼創設者は、2018年当時、インタビューで10,000BTCを個人で保有している事を明かした中国で有名なビットコインホルダーとしても知られている。

ツァイ氏の3月7日(日曜日)付けの発表によると、Meituの取締役会は、モバイルインターネットがPCインターネットや他の多くのオフラインビジネスに対して行ったのと同様に、ブロックチェーンテクノロジーが既存の金融およびテクノロジー業界を混乱させる可能性があるとの考えを示した。これに関連し、同社は次のように述べた。

仮想通貨には価値を評価する十分な余地があり、その財務の一部を仮想通貨に割り当てることで、現金を保持するための多様化としても役立つ可能性があります(これは、マネーサプライの積極的な増加による減価償却圧力の影響を受けます世界の中央銀行)。

また、同者は財務管理戦略の一環としてビットコインを保有することでスクエア(Square)、テスラ(Tesla)、マイクロストラテジー(MicroStrategy)の仲間入りをした最初の中国上場企業として次のようにコメントしている。

これらの機能のいくつかは、ビットコインを金、宝石、不動産などの他の価値ある代替ストアよりも優れた形式にする可能性さえあります。代替の価値のあるストアであり、その価格は主にコンセンサスによって推進される将来の需要の関数です。

さらにMeituはETHへの投資に関して、金融、ゲーム、ソーシャルメディア、アート、イーサリアムプロトコルに基づいて構築された収集品などのさまざまなアプリケーションアクティビティの概要を説明。グループは現在、イーサリアムベースのdAppの立ち上げや、潜在的な投資に適した海外のブロックチェーンベースのプロジェクトの特定など、さまざまな海外事業へのブロックチェーンテクノロジーの統合の実現可能性を評価し、イーサリアムは両方のイニシアチブを有する論理的な準備であると述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。