欧州中央銀行、EUのステーブルコインに拒否権を要求する計画

欧州中央銀行がステーブルコインに拒否権要求を計画

ECB(European Central Bank=欧州中央銀行)は、議員から中央銀行に権力を譲渡する動きで、ブロック内の民間ステーブルコインに対する拒否権を保持したいと述べていることが分かった。

欧州委員会に提出された42ページにわたるデジタル通貨規制に関する正式意見書の中で、ECBは、NEXTMONEYの特集記事「フェイスブックのリブラ、「Diem」にブランド変更」でも報じているが、Diemのような民間のステーブルコインに対して規制する権限を委任。その上で、銀行がこれらの通貨の運用を許可されるかどうかについて最終決定を下すことができると述べた。銀行が発表した意見書によると、ECBは、民間のステーブルコインの規制に関する問題は、その独占的な権限の範囲内にあるべきだとしたうえで次のように語っている。

資産参照の取り決めが支払いシステムまたはスキームと同等である場合、金融政策の実施および支払いシステムの円滑な運用に対する潜在的な脅威の評価は、ECBの独占的な権限の範囲内にあるべきです。


ステーブルコインに求める要件とは

ECBは、ステーブルコインに関する判決が国の当局を拘束すること、およびステーブルコインを発行する者は銀行や他の金融機関と同じ流動性要件に従うべきであると要求している。銀行によると、償還権を保護し、顧客がステーブルコイン発行事業体が保有する資産を直接請求できるようにするために、「厳格な流動性要件」が必要となるとみている。

この措置は、2020年9月にECBが想定した取り付け騒ぎの問題に対抗するのに役立ち、中央銀行をEUの新興民間ステーブルコインセクターを規制するための原動力となるとみられている。「欧州中銀総裁、EUが2021年1月にデジタルユーロ決定と発言」で報じているように、ECBのクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)総裁は、デジタルユーロの発行に前向きである一方で、民間ステーブルコインが、より広い金融システムに引き起こす可能性のある潜在的な問題について以前発言しており、民間ステーブルコインには懐疑的で知られている。彼女はまた、デジタル通貨市場での価格投機を却下した後、BTCを保有する中央銀行を除外している。

ECBからの動きは、中央銀行のデジタル通貨として発行されたデジタルユーロの計画をブロック内で部分的に保護します。

欧州中銀総裁、EUが2021年1月にデジタルユーロ決定と発言

2020.11.13

フェイスブックのリブラ、「Diem」にブランド変更

2020.12.03

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。