米国トップ大学、ビットコインの保有を個人的に増やしている方法

米国トップ大学が仮想通貨保有を拡大

大手メディアの報道で、米国主要機関が過去1年間にビットコイン資産を静かに増やしていることが明らかになった。

昨今、投資会社間でビットコイン(Bitcoin/BTC)の買収が一般的になっているが、大学がビットコイン市場での地位を確保しているため、業界は拡大しているように見える。米国で最大クラスの大学基金のいくつかが、Coinbaseやその他の取引所で保持されているアカウントを通じて、過去1年ほど大きく注目されることなく仮想通貨を購入していることが分かった。

これらは米国で最も高い基金を持っている大学のいくつかで、分かっているだけでもハーバード大学で4兆1,600万円以上、イェール大学は300億ドル以上、3兆1,200億円、ブラウン大学は47億ドル、約4,900億円など、判明した8大学リストのうちの3大学の内訳である。評判の高いミシガン大学も125億ドルも1兆3,000億円を保有しており、その中で浮かび上がってきたのが、どうやら、Coinbaseがトランザクションを促進する仲介者ではないかというものだ。その理由として挙げられているのが、これらの機関がCoinbase取引所から直接購入していることが明らかになった事が仲介者だという推測の理由である。

匿名のスポークスマンは大手メディアのCoindeskに対し、現在仮想通貨に資金を注ぎ込んでいる機関はかなりあるとして、次のように語っている。

かなりの数があります。現在、多くの寄付金が仮想通貨に少しずつ割り当てられています。しかし、仮想通貨への関心は2019年に始まり、Coinbaseは機関の資金を18カ月も保持していると推測されています。2019年半ば以降になる可能性があります。ほとんどは少なくとも1年になっています。彼らはおそらく今年のある時点でそれを公に議論するだろうと思います。彼らはかなり素敵なリターンの塊に座っているのではないかと思います。

仮想通貨ヘッジファンド業界の情報筋によると、公的年金制度に関する話を語っており、確定給付年金制度が配分に近づいており、公的年金制度が割り当てに近づいていると語っているほか、BlockTowerCapitalの共同創設者であるアリ・パウル(Ari Paul)氏は、次のように語っている。

3年前に聞いていたら、間違っていると言っていただろう。しかし、今では多くの機関がビットコインに満足しており、彼らもそれを理解している。Coinbase、Fidelity、Anchorageなどの規制対象のエンティティからのものである限り、直接購入できます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。