ロスチャイルド、ビットコインの購入を急増、BTCで100万ドルを保有

ロスチャイルド社がBTC購入を急増させている

米・シカゴに本拠を置く投資銀行のロスチャイルドインベストメント(Rothschild Investment Corporation)社が、2020年10月以来ビットコインへのエクスポージャーを少なくとも24%増加させたことが分かった。

同社はSECへ四半期末時点に機関投資家がどんな銘柄をいくら保有しているかを開示するフォーム-13の提出で、同社はBTC投資が100万ドルに膨れ上がったことを明らかにした。少なくとも2017年以来、主にGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)を通じてビットコインに投資している。

ロスチャイルド社は2020年12月31日時点で、GBTCの30,454株を所有していると報告されており、この数字は、同年10月の24,500株の所有の開示を大きく飛躍させたものである。同社は、975,000ドル相当のGrayscale Bitcoin InvestmentTrustの30,454株を購入したと説明しており、主要資産運用会社であるグレイスケール・インベストメンツとの長年にわたる関係の新たな転換を示している。

グレイスケールのビッグイヤー

ロスチャイルド社がビットコインへ目を向けたのは、同社がグレイスケールのビットコインファンドの株式を最初に購入した2017年に始まっている。仮想通貨市場では2018年の“仮想通貨の冬”から立ち直ろうとしていた2019年、再び市場に参入したが、すぐにその利益を撤回。機関投資が成長し、市場が比較的健全な位置にあるため、同社は、主仮想通貨に長期的なコミットメントを行う準備ができているとみられる。

ロスチャイルド社のコミットメントは、過去数カ月に渡り、散発的に成長しているグレースケールの大規模なものより、さらに別の証拠と言える。ニューヨークを拠点とする同社は、間違いなく仮想通貨投資のリーダーであり、200億ドルを超える資産を管理しています。

今月初め、Grayscaleはファイリングで、2020年の第4四半期にビットコインとイーサリアムへの投資に対して記録的な流入を記録したと述べている。ファイリングが示したように、同社の製品への総投資額は、四半期に33億ドル、約3,440億円に達し、毎週の流入額は2億5,070万ドル、約260億円に達している。その数は、同社が総コミットメントでわずか13億ドル、約1,355億円を管理した2020年第3四半期からほぼ300%の増加を記録した。

グレイスケールは、投資の93%が機関投資家、特に資産運用会社からのものであると明かしており、その数は機関投資家が総コミットメントの84%を占めていた第3四半期からも急増している。全体として、ニューヨークの会社の製品への投資は合計57億ドルで、2013年から2019年までの総流入額の4倍を超えている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。