クレイグ・ライトの弁護士、2サイトにBTCホワイトペーパーの削除依頼

クレイグ・ライト、2サイトにホワイトペーパーの削除依頼

サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト(Craig Wright)氏が、ホワイトペーパーやその他の知的財産を盗み、著作権法に違反しているとして、2つのビットコイン関連サイトの所有者に対し、訴訟を起こすと法的通知にて削除要請したことが分かった。

削除要請を受け取ったのは、Bitcoin.orgとBitcoincore.orgで、11月20日(水曜日)に通知されたとBitcoinの所有者であるCobra氏が木曜日に公開されたブログで述べた。同氏は、ビットコインのホワイトペーパーがMITライセンスの下で公開されており、無料配布が可能であると主張し、要請を拒否し、次のように語った。

私たちは、ビットコインホワイトペーパーを公開する法的権利があることは間違いないと信じています。さらに、サトシ・ナカモトは既知のPGP公開鍵を持っているため、誰かがサトシ・ナカモトであることを暗号で確認することができます。残念ながら、クレイグはこれを行うことができませんでした

これに対してライト氏側の弁護士は、ライト氏が論文の著作権を所有しており、bitcoin.orgの最初の所有者であると主張している。ライト氏がこのような主張をしたのはこれが初めてではなく、2019年にもビットコインホワイトペーパーの著作権と著者権を主張するため、少なくとも2回の試みを行っている。

なお、削除要請を受け取ったBitcoin.orgはホワイトペーパーの削除を拒否しましたが、Bitcoincore.orgは要請を受け、降伏している。この件に関してCobra氏は次のように述べた。

残念ながら、ビットコインコア開発者は、著作権侵害の申し立てに応え、ビットコインのホワイトペーパーをbitcoincore.orgから削除するためにスクランブルをかけ、これらの虚偽の主張に信憑性を与えてしまった。このように降伏することで、ビットコインコアプロジェクトはビットコインの敵に弾薬を貸し、自己検閲に従事し、その完全性を危うくしている。

Cobra氏によると、Bitcoin.orgは引き続きビットコインホワイトペーパーを掲載すると表明しており、Cobra氏は、ホワイトペーパーを主催する他の人々は、これらの虚偽の主張に抵抗するため、私たちの先導に従うべきだと述べている。

ホワイトペーパーの著作権を主張

クレイグ・ライト氏側の弁護を担当している法律事務所のオンティエは、ライトがビットコインのホワイトペーパーを2008年10月31日に「サトシ・ナカモト」として公開したと主張。

BitCoin White Paper by ZX Lee

2016年にライト氏の身元が明らかにされて以降は、自身が文書作成者であることを公言している。

2019年5月、ライト氏はホワイトペーパーの著作権侵害の申し立てを米国著作権局に登録。ただし、誰でもこの方法で著作権の主張を登録でき、ホワイトペーパーに対して同様の主著が何件かされている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。