Linkswap、流動性プールに700万ドルの担保確保

Linkswap が700万ドルの担保を確保

YFLトークンを運用するためのさまざまな流動性プールを立ち上げた最新分散型金融自動マーケットメーカーの1つであるLinkswapは、開始から数時間で600万ドルが賭けられた後、ローンチから24時間で約10のプール全体で、700万ドルの仮想通貨担保を獲得したことが分かった。

Linkswap AMMは、ChainlinkコミュニティのUniswapのライバルとして11月下旬に発売された新しい分散型取引所(DEX)だ。熱狂的なコミュニティがプロジェクトをサポートしており、LINKMarinesに大きな利益を約束している。このプラットフォームは、Uniswapに匹敵するように設計されており、トークンとプロジェクトにLinkMarinesを対象としている。

Linkswap dAppによると、最も人気のある流動性プールはYFL / wETHとYFL / LINKの2つで、各プールで200万ドルを超える担保を含み、全体の6割を占めている。これらの2つのプールは、YFLで最高の報酬を提供しており、これが最も流動性を獲得した理由である可能性が高い。なお、DeFiパルスインデックス(DPI)、MASQ、CEL、GSWAP、YAXなど、他の8つのプールはより低い報酬を提供している。

発表によると、Linkswapは最初の24時間のみユーザーに対してYFLを授与したものの、現在、有効期限がすでに切れているためYFLは授与されていない。これに続き、農民は他のアルトコインの報酬へのアクセスを得るために彼らの流動性プールトークンを再賭けしなければならない。ステーキングは合計8週間続き、トークンの報酬は毎日農家に直線的に分配されていく。

誰でもトークンをリストできるUniswapとは異なり、Linkswapは、DEXに参加したいプロジェクトに少額のリスト料金を請求し無ければトークンをリストできないしくみだ。その後については、手数料はガバナンスボールトにYFLを賭けるYFL保有者へ分配される。

DEXには、投資家を保護するためにプロトコルが初期流動性をロックできるようにする「ラグロック」機能がある。この機能はトークンをリストするプロジェクトが寿命に真剣であることを示していると言われている。さらに、「スリップロック」と呼ばれる機能があり、こちらは回路ブレーカーとして機能し、高いスリップを発生させる吸血鬼ボットとの戦いを支援していることでも知られている。

わずか数時間の賭けの後で最も人気のあるペアには、200万ドル以上が賭けられたYFL / WETHと150万ドルのYFL / LINKが含まれている。現在すべてのプールを閉鎖しているUniswapと同様、ステーキングは、最初にペアを預けて流動性プールトークンを取得し、それをプールに賭けて報酬の対象にする2段階プロセスだ。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!