仮想通貨取引所Bithumb、コロナ拡大で江南オフィスを閉鎖

仮想通貨取引所Bithumb、コロナ拡大で江南オフィスを閉鎖

韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は24日、韓国における新型コロナウイルスの拡大に伴い、同取引所のオフィスの一部を閉鎖することを発表した。

発表によると閉鎖されるオフィスは、大韓民国ソウル特別市南東部にある江南センターが対象で、今回の閉鎖は一時的なものであるという。Bithumbの公式発表では、今回のオフィス閉鎖について次のように説明されている。

コロナウイルス感染症の国内確定者の増加や、首都圏の社会的距離を置くが2段階に格上げされることによって、コロナウイルス拡散防止のためにBithumbオフライン江南センターの運営を一時停止しようとします。

韓国は現在、新型コロナウイルスの感染者が再び増加している。韓国の中央防疫対策本部は24日、新型コロナウイルスの感染者数が349人に増加し、累計で31,353人になったことを発表している。韓国では今月13日、公共の場でのマスク着用の義務化および、罰金制度を設けており、違反者には10万ウォン(約9300円)の罰金が科せられる。

またオフィスの閉鎖については、2020年11月24日からであることが分かっているが、オフィス閉鎖の終了日に関しては、「サービス利用に不便を差し上げることをご了承申し上げ、オフライン江南センター運営正常化の時期は、別途公知を通じて案内いたします。」と説明されており、いつまでこの状況が続くか分からない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。