ビットフィネックス、欧州株式に基づくテザー決済の永久スワップを開始

ビットフィネックス、欧州株式に基づくテザー決済の永久スワップを開始

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)は、世界で最も取引されるステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」で決済可能な株式指数デリバティブを開始することを発表した。ヨーロッパ50(EUROPE50IXF0:USTF0)と、ドイツ30(GERMANY30IXF0:USTF0)の永久スワップは、月曜日の9:00(UTC)に追加されるという。

今回の発表によってBitfinexは、USDTで決済可能な株式指数デリバティブを開始することによって、仮想通貨市場の垣根を超えて拡大し続けている。

ヨーロッパ50(EUROPE50IXF0:USTF0)とは、欧州18カ国の50銘柄が含まれており、この地域におけるスーパーリーダーの優良株を提供している。またドイツ30(GERMANY30IXF0:USTF0)は、フランクフルト証券取引所で取引されているドイツの主要30銘柄を表す株式指数である。

永久スワップとは
永久スワップ取引はデリバティブ取引の一つであり、先物取引に似た特性を持つ高レバレッジ取引が可能な製品です。週5日という限られた時間数で営業している株式取引所とは異なり、24時間年中無休で取引が可能である。

仮想通貨取引所が株式商品を提供するのは世界初であるようで、Bitfinexの最高技術責任者(CTO)Paolo Ardoino(パオロ・アードイノ)氏は、今回の発表について次のように述べている。

Bitfinexは投資の幅を広げ、仮想通貨トレーダーが単一のプラットフォームで従来の市場にアクセスできるようにしたいと考えている。高頻度取引のトレーダーは、当社のプラットフォームでの取引量の約80%を占めています。我々は彼らの要件に精通しており、このサービスはクロスアセット取引戦略を強化することができると考えています。

ヨーロッパ50とドイツ30の永久スワップは、最大100倍のレバレッジを提供している。また、これらの米ドル建てで決済されるため、外国為替および金利リスクの役立つとPaolo Ardoino氏は考えており、「決済が米ドル建てであるという事実は、取引をシームレスかつ効率的にし、異なる資産クラス間での興味深い取引を可能にするために重要です」と続けている。

新しいデリバティブについては、選択された法域において利用可能であり、「検証済みユーザー」のみが利用可能になる。すなわち、投資家は自身の身元、資金源、銀行関係を確認するためのDue Diligenceプロセスが必要になるという。

記事参照:The Block

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。