NYAG、Bitfinexにテザーローン文書引き渡し関連新命令を裁判所に要請

NYAGが裁判所を通じてBitfinexに新たな要請

NYAG(New York Attorney General=ニューヨーク州検事総長事務局)は、テザー(Tether/USDT)とビットフィネックス(Bitfinex)によって、最初の事業体が2番目に拡張させた9億ドルの与信枠の詳細を示す書類を直ちに提出することを望んでいる。

NYAGは昨年4月、Bitfinexが8億5,000万ドルを超える顧客と企業の資金へのアクセスを失ったと主張し、経営幹部と企業の所有者を共有するTetherからの借り入れで不足を補ったとして正式に調査を開始した。NYAGは、信用の延長と企業の関係に関連する情報を引き渡すように企業に命じた判決を勝ち取り、Tether側は即日控訴したが、7月に控訴を失っている。

控訴に対する裁判所の判決以降、両当事者はこの問題の解決を試みたが失敗したと、9月8日付けの提出書類で述べている。

NYAGがBitfinexとTetherを調査した結果、米ドルで固定されたUSDTステーブルコインが約74%だけが準備金に支えられていた時期があったことが明らかにした。Tetherは後に、そのトークンは完全に裏打ちされていると述べたが、その準備を構成するものを特定していないため、現在も問題が宙に浮いた状態が続いている。

NYAGのオフィスは現在、事件を監督しているジョエル・コーエン(Joel Cohen) ニューヨーク裁判官と面会し、仮想通貨会社が文書を引き渡すため、厳密に60日と期限設定された新しい命令を下すよう求めている。

NYAGが求める会議では、OAGは、2019年4月24日の命令に基づいて、被告による文書および情報の即時作成を裁判所から命令が下され、60日以内に完了するよう要求しているほか、裁判所が本件に関して以前に入力された差止命令をさらに90日間延長することを要請した。問題の差し止め命令とは、Tetherがそれ以上の資金をBitfinexに貸与することを禁じている。

両社の広報担当者は、7月の声明でBitfinexとTetherの顧問弁護士であるスチュアート・ヘグナー(Stuart Hoegner)氏が、裁判所の命令を尊重すると述べている。一方、Bitfinexは、行方不明のままになっている顧客資金を回収するため、さまざまな銀行に対して召喚状を求めてきた。これは、昨年逮捕され、現在裁判を待っているクリプト キャピタル(Crypto Capital)社のレジナルド・ファウラー(Reginald Fowler)が保有していた。

Bitfinexの資金の一部が含まれていると思われるCrypto Capitalの保有物は、米国、英国、ポーランドの当局によって押収されており、Bitfinexはこれらの資金をまだ回収していない。

記事参照:CoinDesk

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!