仮想通貨チェインリンク(LINK)が48時間で45%、1年で440%以上の上昇記録

チェインリンク(Chainlink)価格が脅威的な高騰

チェインリンク(Chainlink/LINK)が7日の金曜日と9日の日曜日に9.53ドルから14.09ドルへ、45%以上急騰した。

今回の急騰で、チェーンリンクの時価総額は51億2000万ドル(約5,100億円)に達し、時価総額9位のカルダノ(Cardano/ADA)を抜き去り、CoinMarketCap時価総額ランキングで6番目に資本化されたトークンになった。勢いが落ちる兆候なく、現在も上向きの軌道をたどっている。

8月10日14時の執筆時点で、過去24時間に8.48%の利益増加を見せており、上位10までの仮想通貨の中では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の2.30%を大きく引き離す上昇率を見せており、プロジェクト支持者らは、今月末までに20ドルに達すると見ているようだ。なお、時価総額ランキング上位20位圏内では、コスモス(Cosmos/ATOM)の24.41%が脅威的な上昇を見せており、次いでテゾス(Tezos/XTZ)の8.83%、そして3番目の急上昇となったのがチェインリンクだ。トークン価格の急激な上昇は、プロジェクトにとって大きな勝利と言える。

チェーンリンクの上昇は、資産管理会社のゼウスキャピタル https://zeus-capital.com/  (Zeus Capital)LLPにとっても大きな逆転であり、価格はゼロになると主張している。ゼウスキャピタルLLPは、価格が下がった場合に現金化することを期待し、トークンにショートポジションをオープンしたと考えられている。その一方で、ゼウスキャピタルLLPの崩壊は、チェインリンク支持者に前者の立場を清算することを目的としたキャンペーンを開始するように促しているとみられる。

仮想通貨分析を手掛けるサンティメント(Santiment)社の声明によると、これは現在のトークンに対する強気感情の理由になっている可能性があると述べている。同社は、チェインリンクの見通しに自信を持っており、「一部の仮想通貨投資家はロングポジションを取っている」と述べた。

さらに、同社のツイートには、チェインリンクの価格が史上最高値に達しただけでなく、「1日のアクティブなアドレス(15.6Kとカウント)」も増加したとある。

一方、それ自体がチェインリンクの宿敵となったゼウスキャピタルLLPは、チェインリンクプロジェクトに関する恐怖、不確実性、およびFUD(Fear, Uncertainty and Doubt=恐怖、不安、疑念)を広めるとされる文書を作成した。8月5日にリリースされた最新の記事では、ゼウスキャピタルLLPはチェインリンクサポーターをターゲットにしている。

LINK一部の暗号通貨がこのたわごとに夢中になっている理由がわかりません。おそらく100枚以下のコインを所有し、会社全体を所有しているように振る舞います…修正が行われ、醜い…(日本語訳)

8月8日、資産運用会社は、キャンペーンを存続させようとしているとみられるツイートで、アメリカ規制当局がこの件に関心を持っている可能性があることをほのめかしている。

備完了!今度は、@ SEC_Enforcementが@Smart_Contractの後に続き、彼らが2017年に未登録のオファリングを実行し、両方の共同創設者がアメリカの投資家に売却したアメリカ市民であることを待ちます。LINKはゼロになります。

チェインリンクの強気な動きや論争がどのくらい続くかは不明確なままだが、仮想通貨投資家は、日次量から明らかも分かるように、関心を示し続けている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!