約64億円のビットコインが、イーサリアムブロックチェーン上に移動=Dune Analytics分析

約64億円のビットコインが、イーサリアムブロックチェーン上に移動=Dune Analytics分析

Dune Analyticsのデータ分析によると、6月中に約6,000万ドル相当のビットコイン(BTC)がイーサリアムブロックチェーンに移動したという。ビットコインに裏付けられたERC-20トークン(Wrapped Bitcoin / WBTC)が今回の増加の約75%を占めており、4,800 BTC以上をイーサリアムに移行している。

イーサリアムブロックチェーンが、ビットコインのオフチェーンで最も人気の手段であり続けているため、様々な分散型金融サービス(DiFi)でビットコインが使用される需要が高まっていることが要因のようだ。具体的にはイールドファーミングやメーカーダオ(MakerDAO)などがビットコインを担保としてプロジェクトを提供していることが、可能性として高いと考えられる。ドイツ銀行(Deutsche Bank)の元アソシエイトであり、仮想通貨の研究企業Delphi Digitalの共同創設者であるMedio Demarco氏は次のように述べている。

「最近の傾向は驚くべきものではなく、おそらく継続するでしょう。」

Dune AnalyticsOnChainFXCoinDesk Researchから画像引用

トークン化されたビットコインの人気が高まっている背景には、WBTCを先導した仮想通貨関連の決済プロセッサーであるBitGoのCTOであるBen Chan氏にとっても当然のことのようである。Ben Chan氏は、「WBTCの目的は、ビットコインを分散型金融の世界にもたらすことです。」と述べ、さらにイーサリアムベースのアプリケーションにおける「WBTCの貸し出しと供給の利回りの機会」が最近の成長を牽引していると付け加えた。

OnChainFXによると現在、1億3200万ドル相当のビットコインがイーサリアムブロックチェーン上にあり、主要な仮想通貨の時価総額の約0.08%を占めている。このようなイーサリアムブロックチェーン上でのビットコインが使用されるという需要の高まりは、主要な仮想通貨にとって前向きな兆候である。Demarco氏によると、この傾向は両ブロックチェーンに「相乗効果」をもたらしていると説明。

またBen Chan氏もこの発言に同意し、イーサリアムにとってDiFiの資産価値の成長は、「信頼できない透明な金融サービスの成熟に向けた一歩」であるとコメント。この発言に続けてビットコインのメリットについて、「利回りを獲得してビットコインを担保できることです。これにより、ユーザーは暗号通貨に投資するインセンティブが追加されます。イーサリアムでビットコインを使用することは、両方のネットワークにとって潜在的に強気である」と述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。