ドイツ銀行アナリスト「2030年までに暗号通貨は法定通貨に置き換わる」

ドイツ銀行アナリスト「2030年までに暗号通貨は法定通貨に置き換わる」

ドイツ銀行のアナリスト、ジム・リード氏は「Imagin2030」というタイトルの研究結果を発表した。この研究では、暗号通貨の可能性について説明されている。

その中で、約10年後の2030年には暗号通貨が法定通貨にとって代わる可能性があると述べられている。

ジム・リードの見解によると、この傾向の重要な要因は「非物質化された支払い方法」と「匿名性」に対する需要の高まりであるという。
さらに、1970年代の制御不能なインフレと金価格の上昇が暗号通貨トレンドの重要な原因になる可能性があると指摘した。

2030年までの間に世界的インフレが起こり、世界中の人々が紙幣に対する信頼を失う可能性がある。近年の中国経済の成長により、世界のインフレ率は制限されているのだという。

そして、大量の仕事の供給増加により「過去40年間の世界的なインフレの最大の抑制者」としての上昇。
しかし、この時代は終わりに近づいているという。

調査によると、フィアットシステムは現在「壊れやすい」状況になっており、通貨システムを保持する力は、特に数十年間の低い人件費のように脆弱に見える。

インフレ率の上昇と市民のマイナス金利の負担により、公的資金に対する疑念が高まり、法定通貨以外の需要が高まっていく傾向にあるのだという。

また、ジム・リードは、暗号通貨は現在の通貨システムに比べて大きな利点があると指摘。

セキュリティ、速度、最小限のトランザクションコスト、簡単なストレージ、デジタル時代の関連性。これら全てにおいて、暗号通貨の方が勝っている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。