Bakktのビットコイン先物の契約件数、24時間で“257%”増加

Bakktのビットコイン先物の契約件数、24時間で“257%”増加

今月25日、急激にビットコイン(BTC)の価格は上昇。過去24時間で40%近い上昇率を記録し、BTC価格は一部取引所で1万ドルを突破した。今回のBTC価格の上昇は、最高上昇率が42%であったことが報告され、歴代3位のパフォーマンスだった。

そして今回の一連のビットコイン価格の上昇に伴い、Bakktの現物決済ビットコイン先物取引の契約件数が1,183件を記録し、歴代最高契約数を記録した。同プラットフォームは今月10日にも、契約件数が急激に上昇していることをツイッターにて報告しており、その際には前日の10倍以上となる契約件数として市場のユーザーを驚かせた。

Bakkt Volume Botによって報告された今回の契約件数については、最高記録を更新した25日の1,183件。前日の24日には契約件数が331件と比較して24時間で257%の増加率を記録している。

中国の習近平主席、ブロックチェーン促進へ発言|ビットコイン価格は歴代3位の上昇パフォーマンス

2019.10.28

BTC価格とビットコイン先物の関係性

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場と、ビットコイン先物には「価格」に大きく影響することが噂されている。先日のビットコイン先物の取引件数が最高記録を更新した際も同様に、ビットコイン価格は急激な上昇を記録。ビットコインの急上昇要因として注目されていた。

もちろん、Bakktが提供するビットコイン先物だけが、ビットコイン価格に影響したわけではない。現時点で世界最大のビットコイン先物取引を提供する米シカゴ先物市場のシカゴ・マータンカイル取引所(CME)は今年4月、ビットコイン先物の取引ボリュームが「過去最高」を記録した際にもビットコイン価格は急激に上昇している。

また研究においても、昨今増加するウォッシュトレード(偽造取引)の懸念から、仮想通貨取引所の取引高を参考するより、ビットコイン先物を分析することが正確な情報(取引高など)を得ることができると発表するものもあり、ビットコイン先物の動向には注目が集まっている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。