国連機関ユニセフ、仮想通貨基金を設立|ビットコイン・イーサリアムで寄付が可能に

国連機関ユニセフ、仮想通貨基金を設立|ビットコイン・イーサリアムで寄付が可能に

世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動する国連機関UNICEF(ユニセフ)は今月8日、インターネット上で発行、トレード可能な仮想通貨を使用して寄付することができる、仮想通貨基金を立ち上げたことを発表した。発表時点で寄付できる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2通貨のみである。

寄付された仮想通貨は、世界中の子どもや若者に利益をもたらすことを目的にオープンソース技術に資金が提供され、仮想通貨をユニセフが保管する際、他の仮想通貨(アルトコイン)とは交換されず、寄付された仮想通貨のまま保管される。

ユニセフの最高経営責任者であるHenrietta Fore氏は、仮想通貨基金の立ち上げについて、次のようにコメントしている。

「これはユニセフにとって新しくエキサイティングなベンチャーです。デジタル経済と通貨が次世代の生活を形成する可能性がある場合、それらが提供する機会を探ることが重要です。だからこそ、私たちの仮想通貨基金の創設は、人道的および開発作業において重要かつ歓迎すべき一歩です。」

既に最初の寄付が、イーサリアム団体から寄付されており、Prescrypto、Atix Labs、Utopixarの3つのブロックチェーンプロジェクトへ資金が支援されている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。