フェイスブック仮想通貨プロジェクトに100人以上が参加

フェイスブック仮想通貨プロジェクトに100人以上が参加

Facebook社は、暗号通貨プロジェクト「Libra」を開発中であり、その詳細を6月18日に公開する予定だ。これは元々、「Global coin」として報道されていたが、この名称が使われることをないとTechCrunchが予想し、「Libra」という名称になる可能性が高いと言われている。

この暗号通貨及び、ネットワーキングプラットフォームLinkedIn上のプロファイルを介して暗号通貨プロジェクトに100人以上を送り込んで開発を進めているようだ。また、まだ求人を続けているようで40人ほど求人を行っている。

今回の暗号通貨は、ステーブルコインで発行すると言われており、今後、Facebookの社員は暗号通貨で給与が受け取ることが可能となる。

このFacebook社の暗号通貨プロジェクトに関して、Polychain CapitalのCEOであるOlaf Carlson-Weeは、次のように述べている。

「Facebookが自分たちのプラットフォームやそのようなものを取り締まることに関して持っていたすべてを考えると、Facebookの狙いが、戦略的な動きが実際に公共インフラを構築することであると思います。そして、その公共インフラストラクチャーはすべてFacebookプラットフォームに組み込まれる可能性があります。もちろんそれは独自のものです。しかし、その公共インフラストラクチャーを所有するしないに関係なく、そこが彼らの最も成功する場所であると私は思います。」

フェイスブック、独自の仮想通貨を「6月後半」にも発表か|The Information報道

2019.06.06

Zilliqa(ZIL)がFacebookの独自通貨と提携する噂が浮上し、約10%上昇

2019.06.07
この記事のURLをコピーする