「2,500万人の米国ユーザーが1年以内にビットコインを購入する」=Nobl Insuranceレポート

「2,500万人の米国ユーザーが1年以内にビットコインを購入する」=Nobl Insuranceレポート

Nobl Insurance LLCによると2,500万人の米国ユーザーが1年以内にビットコインを購入するのではないかとの予想がなされている。

Nobl Insurance LLCが2019年5月に実施した調査では、当時672万人の新しい個人が暗号化市場に参加したと結論付けられており、この数は1年間で2500万人増加すると予想した。同社の新しい保険商品が暗号化分野で持つ可能性をよりよく理解するために行われた調査では、2018年に約10億ドルのデジタル資産が失われたと報告されているが、とはいえ保有者の10%が資産をコールドウォレットで保管しているようだ。

前述の発見により、Nobl InsuranceのCEOであるブランドンブラウンは、ゲーム業界への暗号の貢献を把握するよりも、保険にもっと重点を置く必要があると主張している。Noblチームによると、「それぞれの保険プランは1人の取引中に50,000ドルの仮想通貨を保証している。」とのことだ。

ミレニアル世代に対する調査

Daily Hodlが開示している他の興味深い発見には、35歳以上(44%)のユーザーであるミレニアル世代がこの種の資産に対してよりオープンであると以前に報告されており、興味深いことに、暗号保有者の37%は暗号資産が5,000米ドルを超えており、上位8%は50,000米ドルを保有しているとのデータがある。

上記のことからNobl Insurance LLCのブランドンブラウンは米国の暗号通貨市場への参加者は2500万人に上ると結論づけている。2019年の暗号通貨の価格の大幅な回復や新たな保険業界などの発展により今後ますます多くのユーザーがビットコインおよび暗号通貨を購入するであろうことが見込まれている。

この記事のURLをコピーする