MIT教授が開発の仮想通貨アルゴランド、8月14日にCoinbaseProでサポート開始

MIT教授が開発の仮想通貨アルゴランド、8月14日にCoinbase proでサポート開始

米国の仮想通貨取引所コインベースが9日、仮想通貨アルゴランド(ALGO)のサポートを、8月14日にCoinbase Proで開始すると発表した。

公式発表によると、アルゴはニューヨーク州を除き、コインベースがサポートしている管轄地域で利用可能。一般消費者向けのCoinbase.comではまだ利用出来ていないが、今後追加された場合に発表を行うという。

コインベースはALGO以外に、Cosmos(ATOM)、Dash(DASH)、Decred(DCR)、Matic(MTC)、Harmonyprotocol(ONE)、Ontology(ONT)、Waves(WAVES)の上場を検討している。

アルゴランドは、分散型デジタル通貨と取引プラットフォームを開発しているアルゴランドのネイティブトークン。米マサチューセッツ工科大学の教授で、チューリング賞を受賞したシルビオ・ミカリ氏が開発を主導していることで有名で、トークンセールでは6000万ドル(約66億円)を調達。すでにバイナンスやビットフィネックスなど有名な取引所が取扱を可能にしている。

ABOUTこの記事をかいた人

わたぼう

1990年生まれ。地方新聞社で新聞、経済雑誌記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。各メディアで仮想通貨関連の記事配信を手掛ける。