仮想通貨取引所バイナンスCEO、「不正防止システム」を発表|近日中に正式発表か

仮想通貨取引所バイナンスCEO、「不正防止システム」を発表|近日中に正式発表か

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は28日、前日に発覚したシンガポールの仮想通貨取引所Bitrueのハッキング事件受け、もうすぐバイナンスプラットフォームにて「不正防止システム」を導入することを明らかにした。

取引所Bitrueにてハッキングが発生したのは27日AM1:00(GMT+8)、約90人のトレーダーおよび、ユーザーの資金にアクセスするため、リスクコントロールチームが行った2回目のレビュープロセスの脆弱性がハッカーに悪用され、ハッキングが行われた。

その後、ハッキングは内部システムによってすぐに検出されが、メンテナンスを実行後、30万XRP(約4億円)と250万ADA(約2300万円)がハッキングされていたことが判明した。ハッキングされた資金に関してはすでに、他の取引所へと送信されている。

930万XRPと250万ADA、総額約4億2,300万円のハッキングが判明|仮想通貨取引所Bittrue

2019.06.28

バイナンスのCEOであるCZ氏は、今回の「不正防止システム」の開発および発表とともに、「バイナンスは盗まれた資金を積極的にブロックしていく」とハッカーに有利な状況を作らせない考えを示している。

実はバイナンスも今年の5月、多数のユーザーAPIキー、2FAコード(二段階認証)などの情報に不正アクセスされ、7,000BTC(約45億円)という大量の仮想通貨がハッキングされている。

今後、「不正防止システム」がどのように活躍し、どのように役割を果たしていくのか、期待が集まっている。

仮想通貨取引所バイナンスで7000BTC(約45億円)のハッキング被害|顧客資産に影響はナシ

2019.05.08

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。