Opera、Web3をサポートした「Opera Touch」をiOS版でリリース 

Opera、Web3をサポートした「Opera Touch」をiOS版でリリース

インターネットブラウザ「opera」は今月26日、正式に仮想通貨やブロックチェーンに対応したモバイルブラウザ「Opera Touch」が、iOS版でリリースされた。

今回リリースされたモバイルブラウザ「Opera Touch」は、ETH(イーサリアム)やERC-20規格のトークンの送受金はもちろん、保管ができるイーサリアムウォレットが搭載されている。

Operaでは既に、Android、Windows、Mac、LinuxでWeb 3がサポートされており、今回のリリースによって主要プラットフォーム全てに対応を完了ということとなる。

リリース発表の内容では、iOS用のOpera Touchはイーサリアムブロックチェーン上の次世代のWeb 3アプリケーションとシームレスに対話することが可能となり、Android用のOperaブラウザと同様に、Crypto Walletを使用し、Ethereum Web3 APIをサポートしているため、ブラウザの拡張機能を必要とせず、dAppsとシームレスに対話できるようだ。

また、OperaはすべてのERC-20トークンはもちろん、ステーブルコインや非代替トークン(NFT)をサポートしている。

さらに今回のリリース発表では、イーサリアムDAppsの「Marble.Cards」との提携が発表され、ウェブURLをMarbleカードに変換し、それを使用して交換、販売が可能になる。

しかし、インターネット上のほぼすべてのURLをカードに変換できるが、一度しかできないため注意が必要である。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。