取引所コインベース、仮想通貨イオス (EOS)の上場を発表|しかし、BTCの暴落で上昇せず

取引所コインベース、仮想通貨イオス (EOS)の上場を発表|しかし、BTCの暴落で上昇せず

米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は本日31日、同プラットフォームCoinbaseへと仮想通貨EOS(イオス)を上場することを発表した。


また仮想通貨イオスの上場は、取引所コインベースでのサポートはもちろん、コインベースが提供するAndroidおよび、iosでもサポートが行われている。

すでに取引所コインベースではイオスの取引をスタートしており、購入などの売買はもちろん、他のトークンとの交換や送信など、全ての取引所のサービスを使用できる状態となっている。

仮想通貨イオスは今回の上場発表にて価格の大きな上昇は引き起こしておらず、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場全体の暴落に引き込まれ、本日の下落率は約8.4%を記録している状況である。

しかし、仮想通貨イオス自体への懸念ではないことは確かである。EOSは今年1月から約200%以上の上昇率を記録しており、2018年のメインネットローンチから注目や期待が高まった結果が出ている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。