IEOによる資金調達を成功させた「GooseQueue」が5月17日に4つの取引所への同時上場が決定!

IEOによる資金調達を成功させた「GooseQueue」5月17日に4つの取引所への同時上場が決定!

4月11日に仮想通貨取引所bigerで実施された「GooseQueue」のIEOは第1ラウンドが1秒、第2ラウンドが1分で完売し、約6万人の応募者の中で購入できたのは僅か451人と大成功に終わった。

「GooseQueue」プロジェクト最新情報

IEOでの資金調達を成功させた「GooseQueue」プロジェクトはこの約1ヶ月間で大きな進展があった。
「GooseQueue」は
中国ユニコムとsimカードを共同開発し、simカードを媒体にビッグデータとブロックチェーンを活用した車の渋滞や中国物流を解決するプロジェクトで、多くの有力企業との様々な提携や連携があった。

中でも、中国最大級の配車サービスの一つ「嘀嗒出行」と連携したことが重要なニュースである。
嘀嗒出行は9000万人のユーザー、1250万人のドライバーを持つプラットフォームで、今後のプロジェクト拡大に大きく貢献する。

さらに、「GooseQueue」が提供するsimカードは、毎月の電話代が300円で電話も掛け放題、メインアプリケーションの利用パケット料金も無料と中国最高のコストパフォーマンスを実現する。また、収益モデルにおいても契約数が1,000万ユーザーを超えると純利益約50億円があがる見込みだが、6月からリリース予定のsimカードへ既に2000万ユーザーを超える予約が殺到している状況だ。

4つの取引所へ同時上場

IEOを実施した仮想通貨取引所bigerを始め、計4つの取引所で同時刻での同時上場が決定した。
IEO実施後の上場事例としては、4箇所の同時上場は世界初の試みとなる。

上場が決定している取引所は以下の通り。

・biger ( https://biger.pro )

・HPX ( https://www.hpx.com/ )

・Kinmall ( https://www.kinmall.co )

・GGBTC ( https://www.ggbtc.com )

4つの取引所への同時上場は異例だが、中でも上場する取引所の一つ「GGBTC」は中国ファンドが数多く投資しており、4月時点での投資額は5千万人民元に達している。
大手ファンドLDファンドも名を連ねていることから期待は大きい。

上場の時刻はいずれも日本時間5月17日16時を予定しており、取引所bigerではGQ/USDTペアの取引が開始される。
また、いずれの取引所も日本時間5月15日16時からGQトークンの入金を受け付けている。

僅か1分足らずでIEOを完売し、4つの取引所への同時上場を控え、中国全土から注目を集める「GooseQueue」プロジェクトに期待したい。

 

グーズキュー(GooseQueue/GQ)の特徴・詳細とは?

2019.04.10

【仮想通貨取引所】biger(ビガー)の特徴・口座開設方法

2019.04.10

本稿はPRESS RELEASEです。
NEXT MONEYは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者の皆様は、本ページに関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、必ずご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。