IOTAが英国最大の自動車メーカー「ジャガーランドローバー」との提携を強化|IOTA価格が上昇

IOTAが英国最大の自動車メーカー「ジャガーランドローバー」との提携を強化|IOTA価格が上昇

29日、ロイター通信によると、英国の自動車メーカーである「JAGUAR」「LANDROVER」の設計、製造、販売を担当している「JAGUAR LANDROVER」が、ドライバーのデータ共有の報酬として、仮想通貨IOTAを獲得できるようにするソフトウェアのテストを行っていると報告した。

同社は自社の自動車に搭載する「スマートウォレット」技術を開発しており、交通渋滞の情報や事故情報などの有用なデータをナビゲーションプロバイダや地方自治体に自動的に報告出来るようになる。ドライバーは報告報酬としてIOTAを獲得することが可能になるという。

さらに、車の乗り心地や使用感などの共有プラグラムに参加することでも、報酬を得ることが出来る。

獲得したIOTAトークンは、通行料や駐車場、電気自動車の充電に使用可能になる予定だ。

JAGUAR LANDROVERの目標は「ゼロエミッション、ゼロ事故、ゼロ混雑の達成」であるという。

すでにアイルランドのテスト基地では「JAGUAR F-PEACE」「RangeRover Velar」などの車種にスマートウォレット機能を搭載し技術テストが行われている。

このニュースにより、IOTAの価格は急上昇し15%以上の上昇を見せた。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。