リバプールFCとTron(トロン)のパートナーシップはフェイク|リバプールFCは提携認めず

リバプールFCとTron(トロン)のパートナーシップはフェイク|リバプールFCは提携認めず

4月24日、Tron(トロン)のCEOであるジャスティン・サンが、サッカープレミアリーグの名門「リバプールFC」から招待状を受け取りパートナーシップを示唆するようなTweetを投稿した。

https://twitter.com/justinsuntron/status/1120927231587393536

リバプールからのユニークで革新的な招待に感謝します!
TRONとの新たなパートナーシップを一緒に探索出来ることを楽しみにしています!

この「パートナーシップ」を強調したTweetは、またたく間にTRONコミュニティの間に広まり、喜びを与えた。

しかし、これに対しリバプールFCはパートナシップを否定。
市場でTron(トロン)の価値を高めるためのFUDとして報告されている。

27日、大手仮想通貨取引所BinanceのCEOであるCZもリバプールFCから同様の招待状を受け取り、Twitterで公開した。

リバプールから招待状を受け取りました!とてもクールだ!

CZのTweetにはパートナーシップという言葉はなく、「招待された」ということのみのTweetであった。

公開されたムービーにはリバプールFCの開発マネージャーであるマクセル・ウィグマン氏直筆の招待状が写り込んでおり、その文面には「パートナーシップを議論するための招待」という旨の内容が記載されている。

ジャスティン・サンが「公式パートナシップ」を強調したことにより、このような騒動になってしまったことが考えられる。

https://twitter.com/justinsuntron/status/1120934464182349824

彼のTweetは、はしゃぎ過ぎているように見える。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。