バイナンス、4月中に「BinanceDEXのメインネット」と「Binanceシンガポール」の立ち上げすると発表

バイナンス、4月中に「BinanceDEXのメインネット」と「Binanceシンガポール」の立ち上げすると発表

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は4日、同取引所の公式ツイッターにてバイナンス事業拡大に関する重要な発表を2つ、ツイートした。

公式ツイッターにて発表された内容は主に2つであり、1つ目は「シンガポールで取引所をオンラインにする」。2つ目はバイナンスの分散型取引所であるBinanceDEX(バイナンスDEX)を「今月中にメインネットローンチ する」というものである。

シンガポールへの進出


今回のツイートの内容は、「「シンガポールは4月にオンラインになります。」と呟かれており、すでに取引所の認可や準備などは完了していることが考えられる。また、シンガポールの法定通貨である「SGD」建ての仮想通貨取引としてスタートするようだ。

これまでバイナンス、同プラットフォームの世界進出に成功しており、1つ目は2018年10月、アフリカのウガンダで「バイナンスウガンダ」をローンチ、2つ目は2019年1月、ジャージー島で「バイナンス・ジャージー」をローンチ。バイナンス・ジャージーは仮想通貨と英ポンド・ユーロの取引が可能な取引所として多くのユーザーから使用されている。

BinanceDEXのメインネットローンチ


BInanceDEXは、昨年2018年から噂され、今年に入ってその内容や、機能が明らかになり始めた。

そして今回、公式ツイートにて「メインネットのローンチは今月起こるだろうと予想される」と発表されたのだ。

バイナンスDEXは今年2月、メインネットまえのチェックとして、バイナンスDEXのテストネット版をスタートさせていた。その際にはメインネットのローンチに関する詳細や日付は公開されてはいない状況であった。

散型取引所(DEX)である「Binance DEX」は、バイナンスの独自ブロックチェーンである「BinanceChain(バイナンスチェーン)」を使用した最初のサービスであり、バイナンスDEXの成功によってバイナンスチェーンのこれからの導入に大きな明暗を分けることとなる。

バイナンスチェーンは独自通貨であるBinance Coin(BNB)への導入も明らかにされており、バイナンスDEXの成功は重要なポイントとなりそうだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。