「ビットコインが10年でVisa、Mastercard、PayPalを上回る可能性がある」=DataLight調査

「ビットコインが10年でVisa、Mastercard、PayPalを上回る可能性がある」=DataLight調査

ビットコイン(BTC)を中心に急激な成長を続けてきた仮想通貨ですが、仮想通貨に関する分析を行うサイトDataLight(データライト)によると、「ビットコインが10年でVisa、Mastercard、PayPalを上回る可能性があるという。」とした、調査内容を発表した。

2018年の仮想通貨市場はビットコインはもちろん、多くの仮想通貨が90%以上の下落率を記録した反面、トランザクションの数がかなり増加、ビットコインを使用するユーザーや投資家は増加していたのです。

トランザクション数の比較

さらに、今回明らかになった調査では、ビットコインは平均トランザクション数でVisaを上回っているというのだ。DataLight(データライト)は、それをMaster CardやPayPalなどの他の支払いサービスプロバイダと比較し、次のように調査について述べている。

「2018年のBitcoinの平均取引量はVisaの平均の450倍であり、2018年にBitcoinで転送された合計3.4兆ドルはPayPalのそれより5,8倍高い。」

DataLight(データライト)の調査内容

彼DataLight(データライト)は、ビットコインが世界中の一般ユーザーが使用するまでには長い道のりがかかると指摘。実際に2018年のビットコインのアクティブウォレット数は約2500万と言われているが、世界で最も利用されているvisaの50億以上ユーザーと比較するとかなり少ないことが感じられます。

そして、レポートの最後は「いい兆候があります。」と、かなり楽観的な予測ではあるが、ビットコインが過去10年間の傾向を維持するのであれば、今後10年間でこの世界にとって最も優れた支払い方法になる可能性が非常に高いと分析している。

「たった10年で、Bitcoinは支払いシステム業界のリーダーと競争することに成功しました。Bitcoinの開発は指数関数的に進んでいます。それがこのペースを維持していれば、さらに10年間で、それはすべての競争を上回るでしょう。」

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。