第3弾バイナンスローンチパッド、400万ドルのトークンが「17分35秒」で完売

第3弾バイナンスローンチパッド、400万ドルのトークンが「17分35秒」で完売

世界最大級の取引所であるBinance(バイナンス)は19日、第3段目となるトークン販売プラットフォーム「Binance Launchpad(バイナンスローンチパッド )」にて、仮想通貨Celer Network(CELR)を販売し、17分35秒で597,014,925 CELRものトークンが完売した。

今回のバイナンスローンチパッドで完売した597,014,925 CELRものトークンの販売額合計は、400万ドル(約4億4000万円)にものぼり、その人気は第1、2段目のローンチパッドに劣らない人気を誇った。

CELRトークンの販売については前回同様、バイナンスの独通貨であるバイナンストークン(BNB)のみであり、「1CELR=0.000434BNB」で販売が行われた。

CELRネットワークは、支払いを目的とした取引のみでなく、一般化されたオフチェーンのスマートコントラクトに対しても、迅速かつ簡潔で安全なオフチェーン取引を可能にするセカンドレイヤーのプラットフォームである。

Binance Launchpad(バイナンスローンチパッド )を使用した資金調達方法は、2019年に突入し、急激に人気を集めているIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)という資金調達方法を使用している。

IEOでは、トークンを発行したプロジェクトは取引所と契約を提携し、プロジェクトはトークンを取引所に送信、取引所は投資家やユーザーに対してトークンを販売・配布行う方法である。このIEOのメリットは、取引所の信用性を使用し、プロジェクトおよび取引所どちらにもメリットのある資金調達となっている。

第1弾目となるバイナンスローンチパッドでは、仮想通貨BitTorrent(BTT)が、わずか約14分間で23.76億BTT(約700万ドル)の販売に成功。第2弾目のバイナンスローンチパッドでは、わずか「22秒間」で仮想通貨Fetch.AI (FET)を完売している。

バイナンスは、バイナンスローンチパッドを毎月開催することを発表しており、すでに第4回目となるバイナンスローンチパッドにも注目が集まっている。

IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)とは?|仮想通貨の新しい資金調達はICOと何が違うのか

2019.03.17

第2弾目のBinance Launch PAD(バイナンスローンチパッド)、「22秒」で完売

2019.02.26

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。