カナダのジュエリーブランドがBTCでの決済対応を発表

カナダのケベック州モントリオールに本拠を置く老舗高級ジュエリーブランドBirks Group(バークスグループ)は、アメリカの仮想通貨決済サービスを提供する大手BitPay(ビットペイ)と提携したことを発表した。この提携によりバークスグループは、仮想通貨ビットコイン(BTC)での支払いを受け入れることが可能になった。

バークスグループは、創業100年以上の歴史を持ちカナダだけでなくアメリカにも多数店舗や商品製造施設を構える老舗高級ジュエリーブランドであり、腕時計や宝飾品、シルバー製品など数多くの高級ジュエリーを扱うカナダの代表的なジュエリーブランドとして知られている。バークスグループは、この度の提携を受け、カナダで初となる仮想通貨決済を受けいれる高級小売業者になったと発表した。

バークスグループはカナダ国内にある30店舗の内8店舗でビットペイのアプリを利用してのビットコイン決済サービスを11月下旬からスタートする予定だという。

バークスグループの会長兼CEOを務めるJean Christophe Bodos(ジャン・クリストフ・ベドス)氏は、この度の提携について以下のように語っている。「バークスグループとビットペイの提携は大変意義深いものである。ビットペイの最先端技術は、グローバルに成長しようとするバークスグループにふさわしいものであり、仮想通貨決済サービスを受け入れることによって、今まで以上にお客様にメリットをもたらすことが出来ると考えている。」

またビットペイのCMOを務めるSonny Singh(ソニー・シン)氏は、「バークスグループは世界中に数多くの顧客を抱えているため、国境をまたいで使用することができるビットコイン決済サービスを導入することは非常に合理的である」とコメントした。

ビットコインを利用しての決済サービスは、バークスグループだけでなく、他にも世界中で多くの高級品を扱う店舗でも導入されている。

高級品や高品質のガジェットなど他にもさまざまな商品の取り扱いがあるオンラインショップFANCY.com(ファンシードットコム)では、ビットコインの他にビットコインキャッシュ(BCH)での決済も受け付けている。さらに仮想通貨で決済を行った顧客に対しての割引サービスなども行っている。

また、アメリカカリフォルニア州サンフランシスコ南部に位置するシリコンバレーにある宝飾店Stephen Silver Fine Jewelry(スティーブン・シルバー・ファイン・ジュエリー)はビットペイの仮想通貨決済サービスを取り入れたことにより、想像をはるかに超える利益得ることが出来たと発表している。

日本でも仮想通貨決済サービスを受け入れる店舗は徐々にでは増加してきており、東京都六本木に拠点を置く高級腕時計販売店である東京時計は、昨年の年末から仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)が提供しているビットコイン決済サービスcoincheck paymentを導入している。

仮想通貨決済サービスの導入を試みている企業や店舗は日本でも増加してきているため、来年には今まで以上に多くの店舗での仮想通貨を利用した決済が可能になるであろう。

この記事のURLをコピーする